FC2ブログ

08 | 2019/09 | 10

いつまでもあると思うな実家と通販とセロテープ 

一度新居には行きましたがまた静岡に戻ってきてます。
本格的に引っ越すのは来週になります。
ハンドメイド通販サイトのminneは一旦販売を停止して、引越し後にまた再開しようと思います。

いーの!だめの?minne支店


持っていけないものは販売再開後も停止のままにしちゃいますが
どうしても欲しいものがある場合はブログメールフォームなどからご相談ください。



その他の通販サイトは引っ越し中も引き続き販売します。

Tシャツなど:いーの!だめの?トリニティ支店
スマホケースなど:いーの!だめの?suzuri支店



引っ越すにあたって部屋を片付けているのですが
ほとんど捨ててこない人生だったので大昔の品がたくさん出てきます。

例えば小学生のときに集めていた香りつきの消しごむとか机の中で熱で溶けていたり
大学生のときに集めていたトレーディングフィギュアも表面がベトベトになっていたり
そうすると随分時間が経っていたんだということがわかります。


IMG_7476_convert_20190721010303.jpg



これに限らず、どれも経年劣化してくれてホッとしました。
いい思い出も良くない思い出もみんな埃かぶって日焼けしてくれるから
全部過去になってくれるのが現実の優しいところですね。

私は何でも大事にしすぎて捨てられなかったので
この家にいる二十数年間で部屋がかなり狭くなってしまいました。
引っ越しを機に部屋をきれいにしたいなと思っています。
ミニマリストみたいなスッカラカンの部屋は程遠いけれど
ピアノがすぐに弾けるくらいの広さを目標にしたい。

捨てるということはマイナスのイメージが付きやすいけれど
代謝するから人の生活も心も更新していけるので
これが全くできないと今ひとつ成長できないのだということを身をもって知りました。
リーゼント燃えてるよ自体は10年前から描いているけれど
続けすぎて過去になっていないしまだやれることがあるから続けますが
数年前に描いた一つの作品を見て随分昔だと思えるくらいには成長したいです。



IMG_7520_convert_20190720182844.jpg



先日はお盆でしたね。
ご先祖様が帰ってくるから盆提灯を出しました。

毎年この時期になると亡くなった父方の祖父がちょっとしたいたずらを仕掛けてきます。
何言ってんだって思うでしょう?
この時期に起きる謎のトラブルは我が家ではそういうことにしています。

一年目のお盆は、迎え火をする直前に家の電話がいつもと違う音を出して
電子板には電話番号ではなく「Door」という文字が書かれていました。
迎える前にもう着いちゃったってことかもしれませんね。

また別の年には二階の寝室で蟻の大量発生が起きました。
たまには寝室も掃除しろよってことかもしれませんね。

で、今年は近所の家が工事をしていて
水道管のトラブルで予定外の断水が起きました。
発覚から二時間くらいかな?復旧まで結構かかりました。
復旧した後、工事をしている会社らしき人からお詫びに豪華なゼリーを貰いました。
ゼリー食べたかったということかもしれませんね。

来年は何があるかしらね?あんまり困らなくて怖くないやつお願いします。



IMG_7517_convert_20190720182906.jpg



ところで盆提灯ってめっちゃ映えると思いませんか。
さながら日本のミラーボールです。
回転するタイプだけでなく泡が出たりキラキラするお盆グッズもあるから
今後もっとインスタグラムとかで投稿増えたらいいですね。


あんまり知られてない?インスタグラムはこちら

リーゼント燃えてるよ @regent_moeteru






IMG_7533_convert_20190721002645.jpg




お盆用のお花も用意しました。きちんと仏花で在りながら現代的で美しい菊と蓮。
母が行きつけのお花屋さんで予約したものを私が取りに行ったのですが
驚いたことにそのお花屋さんは中学と高校のときの部活の先輩でした!
昔、睡蓮の絵を描いていて綺麗だったことを覚えています。
最近はあまり絵を描いてないとのことでしたが、今は本物の花で家を彩っていたということですね。

お花屋さんの先輩は中学の時、1学年上の副部長でしたが
その代の部長は今、版画家になっていて各地で作品を発表しています。
前に偶然静岡の街中で個展を見てびっくりしました。
レシートとかビニール袋とか生活感あるものを取り入れていてゆる面白かったです。

私の代の副部長とは今でもたまに遊んだりしますが
薬剤師になった後、元気な女の子のお母さんになりました。


*芸術部に入ると将来こうなります*

部長→版画家、リーゼント燃やす人
副部長→花屋、薬剤師


あれ、私…?

要はの甘辛炒め 

送別会があるといよいよもう職場へは行かないんだなという感じが強くなります。
毎日会っていた人達ともう会わないかもしれないと思うと何だか寂しいですね。
友達とはまた違う関係なので会おうと思って会うこともそうそうないし。




D-EK4S0U4AAbwjD_convert_20190629143635.jpg

この輪っかは多分コンビニキャッチャーなどの景品にくっついていたもので
廃棄されるものを貰ってきちゃいました。かわいいから。(職場はゲーセンじゃありません)






送別会があったのがつい先週のことで、帰り際にある人に
「もし有名になったらインタビューとかで俺のことを話してよ、匿名で!」って言われました。
そのようなタイミングが来るのかはわからないけれどいつかの為にもちょっとここに書いてみようかと思います。
なかなか珍しい人だったので。




D-EK4LaVUAAbPZp_convert_20190629143511.jpg






続きを読む

SHONNAI 

いつもあったものが突然なくなってしまうことがある。
静岡のローカル番組「ピエール瀧のしょんないTV」は8年半続いて
全国でも放送された人気番組だったにも関わらず、一瞬で消えてしまった。
瀧さんの逮捕が報道された直後、死より惨い速さで彼周辺の番組や作品が世の中からなくなった。


私は地元愛がそんなに無い方だと思う。
個展やる前は静岡にいてよかったなと思うことは特になかったし
高校の時は早く誰も私を知らない県外に行きたかった。
大学卒業して帰ってきてからも居心地悪い気持ちが抜けなかった。
そんな中、しょんないTVだけは面白かったので静岡に居るのも悪くないなという気持ちになれた。

初めて見たのはまだ月1放送の頃だったかな。
養殖ワニ園のロケでワニを飼っているご主人がワニに向かって肉を放り投げて
「このようにお年寄りにも簡単にワニが飼育できます」
という淡々としたナレーションが入った回をたまたま見て心奪われた。

静岡に養殖ワニ園があったんだっていうような新しい発見もあったけれど
やっぱり瀧さんと広瀬アナの掛け合いは他にはない面白さがあった。
ちょっと抜けてるけれど一生懸命でとてもいい笑顔を見せる広瀬アナと
それをカバーできる大人の対応力を持ちながら破天荒な振る舞いも見せる瀧さん、
この二人だからこんなに長く続いて全国にまでこの番組が広がったのだと思う。


深夜のローカル番組に永遠に続いてほしいなんて思うのは現実味がなさすぎるけれど
せめて終わるならきれいに最終回してほしかったな。
悲しい理由じゃなくて例えば広瀬アナの門出(本人や夫・河合選手の出世など)とかで。
かと言ってこのままの状態で続けるのも悲しい気がするから速やかにHPを閉鎖して
必要以上に責めたり検討を長引かせなかったあさひテレビは賢い選択をしたのだと思う。
ザコシさんや柴田さんなど準レギュラーの人達でまわすしょんないTVもちょっと見てみたかったけどね。

しょんないTV、今までありがとうございました。
まだ見てない録画が撮っておいてあるのでしばらくは楽しませていただきます。




fc2blog_20150907224824eaf_convert_20150907224949.jpg




しょんないランドは今後どうなるんだろうな。
アクセスは悪いけど温泉は良かったので無事であってほしいな。


続きを読む

ちょっと待っててね記事 

IMG_1248_convert_20181204011229.jpg


ストフェスお越しいただいた方々ありがとうございました。
記事を書いていますがもうちょっとかかるのでしばしお待ちを!

病気になると病気の話ばっかりになりがちだよね一大イベントだから 

いつかはしなければならないということになっていましたが、ついにその時が来ました。
耳下腺腫瘍の手術です。



IMG_5142_convert_20180915172716.jpg
入院する人しかもらえないZINE



前回の話はこちら


食と健康のロシアンルーレット



簡単に説明すると、左耳の下辺りにあるおたふく風邪になったとき腫れる位置に腫瘍ができました。
5年位前に検査して良性だったけれど大きくなりすぎると
神経に障ったりして痛くなったり顔面神経麻痺に繋がったりする可能性があるし
悪性に変わる可能性もある為、耳鼻科の先生にそろそろ取ったほうがいいかもと言われました。

というわけで、手術の為入院して先日退院してきました。



まず、手術の前に何度か検査をします。

数年前にもやったけれどもう一度細胞を取って良性かどうかを検査→ちゃんとは判別できなかったものの恐らく良性ということに。
全身麻酔しても大丈夫かを調べる為の血液、レントゲンなどの術前検査→ほとんどの項目で問題なし

ただ術前検査の中で心電図だけが引っかかってしまいました。
私の左心房は人より大きめで、心臓の動きがゆっくりで不整脈が起きやすいらしいです。
これはいわゆるスポーツ心臓というらしく、運動をする人がなりやすいということですが
こんなに文化部みたいな生活してる私の運動らしい運動って
毎朝の通勤で自転車を爆走してることしか思いつかないんですよね。
たかだか15分くらいで心臓が運動向きになる?って感じですけれど
もしこれが原因だったら日々の積み重ねっておそろしいですねー。


そんなわけで再検査。
運動負荷心電図検査のトレッドミル法をやりました。

ルームランナーで走りながら心拍数を測りながら血圧を測っていて
自分の状況がちょっと面白くなっちゃって笑いをこらえるのに必死でした。
まあ結果は大丈夫ということになりました。


あとMRI初めてやったんですけれど怖いですね。
頭部中心だったから頭を固定する柵みたいなものとヘッドホンを填められて
「何かあったらこれを握ってください」と風船のような笛のようなものを左手に持たされて
狭い筒の中に入りました。
ヘッドホンからはかすかなオルゴールのジブリメドレー。
そして
ドガガガガガガガガガガガガガガ
という、さも頭上が工事現場みたい騒音。これが40分。
せっかくだからこの状況を目に焼き付けようと思ったけれど狭すぎるし五月蝿すぎるので
目を閉じで「ここは遊園地」と言い聞かせていました。
だれだよー「トントンという音が聞こえます」とか言ったヤツー。




img20180916_16161150_convert_20180916162141.jpg
MRI読本より引用




そんなこんなでいよいよ入院です。

一日目の昼過ぎに入院、二日目に手術、それから一週間程度で退院という予定でした。

病室に入ると同じ部屋の人達は全員カーテンで完全に仕切っており全く誰が居るかわからない状態。
病室内はとても静かですが同じ病棟には小児科もあるので外はとても賑やかでした。

次の日が手術なので手術についてや全身麻酔についての説明がありました。
しっかり聞いてしっかり読んで同意書にサインします。
なんか物騒な内容なので心配になりますが全身麻酔での死亡率7.7万例分の1は
冷静に考えたら普通に道路を歩くより死亡率低そう。

手術前なので夕飯を最後に絶食です。
たらふく食べて明日に備えたいところですが病院のご飯は少なかったです。
9時以降から食べちゃだめ、朝6時から飲み物もだめです。




IMG_5158_convert_20180915172807.jpg
間違えないように掲げられる絶望の札





お風呂もしばらく入れなくなるのでしっかり洗いました。
しっかり洗っていたら制限時間の30分をすこしだけ過ぎてしまいましたが
シャワールームの表を見たら私が最後だったので大丈夫かなと思いドアを開けると
そこには順番を待っているお婆さんがいて
「あなた8時過ぎているのがわからないんですか音楽鳴っているけれどわからないんですかルールは守ってください」
と捲し立ててきました。
いやいや名前書いてないからあなただってルール守ってないでしょと突っ込みたいところですが
なんか怖かったし私も時間過ぎていたのは確かなのでごめんなさいねとだけ言って去りました。

どうもお向かいのベッドに寝ている人らしかったので
これ以上トラブルがあったらいけないと思い物音も立てず静かに過ごしました。
知らない人と一緒に暮らすのは怖いです。
1分くらいは誤差だろうと思う人もいれば、たった1分でもズレが許せない人だって居る。
話してわかりあえればいいけれど、そこから生活が脅かされる可能性だってある。
だからカーテンで仕切っているのかもしれませんね。

お向かいさんは次の日には退院してくれたのですぐに平和が訪れてくれました。





IMG_5214_convert_20180916145552.jpg
後でこれも使うことになります




二日目。
両親とも仕事で来れないので弟が立会いに来てくれました。
手術の際は肌の上に直接手術着を羽織り、弾性ストッキングを履きます。
順番はその日の二番目でしたが弟と喋ってたらあっという間に来て
歩いて手術室まで行きました。

直前で給食当番みたいなネットを頭に被り、いよいよ手術室へ。
ドラマでよく見る部屋でした。
そして、ミシンと蝙蝠傘が出会うことで有名な手術台に寝る時ワクワクしちゃって
心拍数が上がりそうだったから「おちつけー」と心臓に言い聞かせたら落ち着きました。

酸素が出るマスクをかけられたタイミングで点滴の麻酔が効いてきました。
麻酔は目には見えないけれど、すぐに体がダルくなってきて
これはアレルギーの薬を飲んだ時の副作用で昼間に眠っちゃいそうになる時みたいな
眠っちゃったほうが楽だよーって体が言ってるような感覚になったので安心してそのまま眠りました。

「終わりましたよー」という声が聞こえて目が覚めました。
約2時間は一瞬で過ぎたようです。
起きなきゃと思って動こうにも動けず、ベッドに寝たまま部屋に戻りました。
病室には弟と、仕事が終わって来た母が待っていました。
術後3時間は動けないのでそのまま時間が経つのをひたすら待ちます。
絶食もあるけれど気管挿管してたので喉が痛いのもあり、水分を摂るのが待ち遠しかったです。

3時間後、手伝って起こしてもらい、やっとお茶が飲めました。
しばらくはストローが必要と言われていましたが特に使いませんでした。
(唇がうまく動かないから逆にストロー使いにくい気もするけど、ここは個人差なんだろうなぁ)
そんな感じで手術は無事終了しました。

手術終わった後、お医者さんが摘出した腫瘍を見せてくれました。
メガネがなくてよく見えませんでしたが、あとで弟が撮ってくれた写真を見たら
なんだか鱗のような羽のような得体の知れない物体でした。
赤いようなピンクのような、ちょっとガーリーな雰囲気の日本画にも使われそうな色でした。
手術前は食べられるのかなとか考えていましたが食べる気にならない見た目です。
謎の物体はこのあと病理に回されて悪性はないかなど細かく調べられるそうです。

あと手術着はもらえないけど弾性ストッキングはもらえます。やったね!



三日目からは徐々に回復していくのを頑張っていきます。

IMG_5184_convert_20180915173004.jpg



手術で切ったのは大体この位置。
耳の手前から始まり、耳たぶの所でカーブして首のところを切ります。
こめかみから下にかけてと耳が特に腫れます。




IMG_5183_convert_20180915172948.jpg



でもしばらくはこんな状態なので傷口を心配してる余裕がありません。
手の甲には点滴が、傷付近には溜まった血を排出するボトルが繋がっているのです。
自分が移動する時いつでもこれを持ち運ぶことに細心の注意を払う為、他のことがどうでも良くなります。
ちなみに術後3時間はこれに加えてカテーテルも付いていました。

これが繋がっている間は衣類を頭から潜って着ることができない為、前開きのパジャマが必要です。
というか手術後も耳が痛いから今もずっと前開きの服しか着てません。
私の場合だけど最初は血がついたり浸出液がだばだばすることがあるのでこまめに替えます。
Tシャツばかり持ってきてしまったけれど結局パジャマ生活となりました。



そんなこんなで点滴の管は2日くらいで外れますが排液ボトルはしばらく付いたままです。
毎朝の回診もショルダーバッグのように肩にかけて持ち歩きます。
冷静に考えたら自分の血が頭から管を通ってボトルに入っていくバッグを持ち運んでるのって異様な光景ですが
同じショルダーバッグ持っている人がいるとちょっと親近感が湧きます。
親近感が湧くので喉の手術したお婆さんと回診を待つ間、お話したりしました。





IMG_1234_convert_20180916145312.jpg
同じ病室の人が全員退院して実質個室みたいになった





毎日夜は9時に消灯です。
普段は日を跨ぐまでは起きている私ですが巡回が多いしルール守らないと怒る婆さんがまた出たら嫌なので
ちゃんと9時になったら寝ていました。
個展が近い時期は日が昇りそうな時間に「あー、明日が来ちゃう」
なんて思っていたくらいなので
9時が近づくと「あー、今日が終わっちゃう」と名残惜しい気持ちになりました。


なかなか寝苦しい日の深夜、自覚はなかったけれど看護師さんが顔の腫れを気にかけてくださって
早朝にお医者さんに診てもらって管を外し、腫れを抑えるためにガーゼとテーピングで圧迫してもらいました。
点滴も排液ボトルもなくなって自由度が増したけれどまだまだ動きづらいです。



この時点でかれこれ入院生活五日目かな。
神経は繋がっているものの、口がうまく動きません。
左側が思うように動かないので、食べる時は主に右側を使います。
ご飯はずっとお粥です。
味の濃いものが滲みるので薄味の病院食が助かります。
父の差し入れでチップスターをもらいましたがしょっぱさに耐えられずびっくりしました。
お粥にチップスターをふりかけて事なきを得ました。

何日もお粥だとさすがに飽きてくるので院内のコンビニでなめたけを買いました。
なめたけは安いしそんなに量が多くないので退院までに使い切れてちょうどいいのでおすすめです。






IMG_5193_convert_20180916145949.jpg
お粥に合うおかずがあるとは限らない




入院中は暇という噂をもとに本とかゲームとか持って行きまくりだったので
なんだかんだで充実した入院生活が遅れました。
イラストもちょっと描いてたのでいずれお見せできたらなと思います。



それから圧迫していたガーゼも外れた六日目、やっと髪の毛を洗うことができました。
もう髪を洗いたくて仕方なかったけれど妖怪出待ちババアが出ると怖いので頑張って時間内にお風呂を出ました。
はーこわいこわい。





IMG_5219_convert_20180916152248.jpg
テレビカード2~3枚位あれば1週間足りると思う(余った)







圧迫するガーゼを取った後は、傷を保護する茶色いテープだけになります。
毎日取り替えるものなので、これは実費で院内のコンビニで買うこととなっています。
看護師さんに教わった後は自分で付けます。


そんなこんなで七日目に退院です。
午前中に説明があった後、サクサクっと片付けて一人で帰りました。
外界の引力に惹かれて余ったテレビカードの換金も忘れて余韻もなく病院を出ました。(支払いは後日です)
久々に外に出たら秋が始まるいい匂いがして、ちょっとだけ散歩しちゃいました。




IMG_1233_convert_20180916145231.jpg
ありがとう





退院したものの、まだ顔が腫れていて歩くと痛くて口もうまく動かないのでしばらくは家で療養です。
デスクワークだけならできそうですが重いものが持てないし。
そして今は少しだけ腫れが収まってきて、
神経が復活してきたのかぶよぶよした感覚から確かな痛みがわかるようになってきました。
あとなぜか右耳も腫れている錯覚に陥ります。
ご心配頂いた皆様や病院スタッフの皆様、ありがとうございました。
もう何連休かよくわからなくなっていて一緒に働いている人たちにも申し訳ないけれど
もう少ししたらちゃんと元気になれると思います。






IMG_5236_convert_20180916151757.jpg


家に帰るとハロウィンのカボチャ(バターナッツ)が待っていました。
今年はシャンプーハットをしています。
続きを読む