02 | 2017/03 | 03

品評とひんぴょう 

あけましておめでとうございます。
寒すぎてブログの更新に時間かかってますが今年もよろしくお願いします。
静岡でも雪がちょっとだけ舞っていました。

あと先日話したミーコの件、祖父が元気になってきたので家にちょくちょく帰っており、私が餌をあげることがなくなりました。
ミーコが寒い思いをしなくて済むのは嬉しいけれど最近全然会ってないからミーコに会いたいよ!
(と思ってさっき会ってきました!家の一番暖かい所を見つけて元気に過ごしてました)



では去年から持ち越された、ポンカンのひんぴょう会で発表した油彩作品をご覧下さい。
以前出展したことのある作品もいくつかあったので、新しい作品を中心にお見せします。








IMG_9166_convert_20170109023809.jpg
『遠方から品評』
F50 キャンバス、油彩












IMG_9167_convert_20170109023748.jpg
『ポンカンのひんぴょう会へ行こう』
F30 キャンバス、油彩












IMG_9170_convert_20170109023834.jpg
『オパールの交差点』
F3 キャンバス、油彩














IMG_9172_convert_20170109023902.jpg
『退部届』
F3 キャンバス、油彩













IMG_9181_convert_20170109023950.jpg
『弱火』
SM号 キャンバス、油彩













IMG_9183_convert_20170109024049.jpg
『生焼け』
F0 キャンバス、油彩







この「生焼け」は搬入の時に展示した瞬間、ギャラリーオーナーに購入されました。
なのでこの作品は「ポンカンのひんぴょう会」が最初で最後のお披露目となりました。



今回の個展で購入された油彩の作品は他にもあります。








IMG_9185_convert_20170109024105.jpg
『エビフライ屋さん』
F3 キャンバス、油彩












IMG_9187_convert_20170113020822.jpg
『馬になった譲治』
F6 キャンバス、油彩









IMG_9156_convert_20170113023323.jpg
『Happy Birthday』
SM号 キャンバス、油彩





『Happy Birthday』は「ポンカンのひんぴょう会」開催ちょっと前にご購入されました。






どの作品を気に入ってもらえてももちろん嬉しいですが
1つしかない絵画作品を買って頂けるのはかなり嬉しいです。
ありがとうございます。
元気に暮らすのよ!








追記はそれぞれの作品裏話などです!


続きを読む

ムヒ キンカン スムージー 

スムージー神社での絵画作品です。
数がそこそこ多かったので新しく出展した作品を中心にアップします。






DSCF8174_convert_20161002001805.jpg
「奥さん、」
左:F3 油彩、キャンバス
右:セロファン、サインペン



入り口すぐの場所にあった作品です。


















DSCF8193_convert_20161002001617.jpg
「嘘の檻」
F15 油彩、キャンバス



ちょっとポケモンを意識しました。














DSCF8195_convert_20161002001558.jpg
「かお」
楕円形 油彩、キャンバス






楕円形のキャンバスは何年か前にダイソーで売っていたキャンバスですがまた販売してほしいです。
その場で見ないとわかりづらいですが、
この作品は丁度向かいの作品を見つめていて、その向かいの作品は進行方向の階段の方を見つめていました。













DSCF8199_convert_20161002001458.jpg
「スムージー川」
F15 油彩、キャンバス








スムージーが流れています。








DSCF8216_convert_20161002001514.jpg
セロファン、サインペン








セロファンの作品の中には絵本に出てきたあいつらがいます。
ほとんどはここから生まれたからです。












DSCF8217_convert_20161002001535.jpg









宣伝をするときは絵本の話をよくしているものの
写真では伝わりきらない絵こそ実物を見に来て欲しいなと思っています。















DSCF8190_convert_20161002014055.jpg







こちらはギャラリーとりこで展示したことのある「太陽の化身観光案内課」です。
以前は鏡の前に吊るして反対側が映るように展示されていましたが、今回は階段の窓辺です。
これがどうなるかというと









Csczf6OUAAAAi5V_convert_20161002023753.jpg





下からのぞけるようになるんです。
しかも背後から光が入るから裏の色も透けて見えます。
同じ作品でもギャラリーによって楽しみ方が変わるので色々な場所で個展をやるのはとても楽しいです。






次回の個展は今年11月に静岡市清水区で開催します。
こちらは外観が住宅ですが内装は本格的なギャラリー。どんな展示にできるか私自身が楽しみです。

ヒビヒツヒツ弁当 

ヒビヒツヒツ展終了しました。
雪降ってて寒かったね!




fc2blog_20160131232005cf3_convert_20160131232530.jpg




今回は毎年恒例の犬や猫の括りがない、テーマ自由の展覧会でした。
ヒビヒツヒツ展はこのメンバーの中に居る一部の人達が続けてきたグループ展タイトルで
今回7回目なので「ヒビヒツヒツ 7」ということになっています。





テーマ自由だし例年と違うことしたい!
とは言ってもまたおはなねこメディチの絵本出したい!
なので、リーゼント燃えてるよの絵本に登場した丸こげ温泉にメディチ達にも行ってもらいました。






DSCF7858_convert_20160131230722.jpg







「リーゼント燃えてるよ~丸こげ温泉編~」はこんな話です。







紙芝居で見ると絵本で見るのとまた違って面白いという話を聞いたので
ある程度作品が増えたら紙芝居の映像作品でDVD作ろうかなとちょっと思いました。







こちらが新作の絵本です。


fc2blog_20160131232059bc7_convert_20160131235052.jpg
『おはなねこメディチ ~丸こげ温泉編~』
A5 コピー紙、印刷






おはなねこメディチと、その弟のふつうねこウェルチが旅をしてたどり着いた温泉でのお話です。






油絵も出しました。



DSCF7857_convert_20160131230701.jpg
『ショッピングモールねこと温泉』
F15 油彩、キャンバス






絵本を見るとなんだかわかる仕組みです。




絵本、今までの作品も出したら良かったのではという意見も頂きましたが
今回は丸こげ温泉で揃えたかったのでこんな感じになりました。

あともう一つの理由としては、今まで表紙に使用していた用紙が
周辺の文房具屋さんから根こそぎ消えてしまったからです。
何を隠そう、今回出したメディチ絵本の表紙の波紋みたいなのは元から付いていた柄です。
絵に馴染んでくれたから良いけれども、なんで柄付きの用紙しか売らなくなってしまったんだ…。

そんなわけで今まで作った絵本を増やすのが困難になってしまいました。
通販で紙を手に入れるのもアリかもしれないけれど、それだったらいっそ業者に印刷を頼もうかしらと
只今考え中です。





テーマ自由のグループ展なのに私の作品だけだと展覧会の雰囲気がわかりづらそうなので
他のメンバーの作品も少しご紹介させて頂きます。
(全員に掲載OKか聞いたのに写真を撮っていなかった作品もあったので、無い方は聞いたのに紹介できず申し訳ありません。)





DSCF7877_convert_20160131230751.jpg

高原さんの作品。複雑な形の素材は羊皮紙という動物の皮を使った画材です。






DSCF7879_convert_20160131230816.jpg

水野さんの作品。針金でできた朝顔の作品です。






DSCF7881_convert_20160131230832.jpg

斉藤さんの作品(左側4点)。猫展からの皆勤賞で、テーマがない今回も猫の油彩画の出展です。
松浦さんの作品(右側1点)。人物画、アクリル絵具で描かれています。






DSCF7884_convert_20160131230853.jpg

木村さんの作品。3歳児向けの絵本、アルマジロのお話です。




このように描くものも使う素材も千差万別なグループ展でした。
何かを目当てにして見に来る方には少しわかりづらい一方、
それぞれの個性が出て色々楽しめるお弁当箱みたいな展覧会だったと思います。
来年はまた犬猫展をやろうという話も出ているので、また来年もギャルリーくさ笛でお会いしましょう。

お越しいただいた方、宣伝等協力していただいた方、この展覧会で関わった方々、ありがとうございました!

夕方から始まる 

ちいさな美術展「ジブンイロ」終了しました。
ギャラリーとりこの企画展「ちいさな美術展」シリーズ最終回です。









DSCF7817_convert_20151115015304.jpg






今回のテーマは「ジブンイロ」ということで、わたしの出展した作品はこちらです。











DSCF7810_convert_20151115023951.jpg
『落日』









自分の名前があかねなので茜色の夕日です。








fc2blog_201511150150534dc_convert_20151115020804.jpg
B6 画用紙、ボールペン







土の上はすぐ屋根です。
同じようで違う世界の2作品です。








DSCF7811_convert_20151115015238.jpg
F6 キャンバス、油彩








夕日と猫といえばなんですが、最近家に帰るときにほぼ毎日ある猫に会います。
前にこのブログでも紹介したのんちゃんですが、もう私が毎日通るのを知っているようでいつも同じ場所で待っててくれます。
5分くらい知らない人の家の前で遊んでから帰るからいつか通報されるんじゃないかと心配ですが
遊んでると元気が出るし、「今日も一日がんばるぞ」という気になります。
夕方から一日が始まります。















fc2blog_201511150156426c6_convert_20151115020900.jpg





交流会の時に、この絵を特に気に入ってくださった方がいらっしゃいました。
お話をしたら、私が語らなかった部分も汲み取ってくれたようでうれしかったです。
そして搬出の日にギャラリーに行ったらこの油絵はその方と一緒に帰って行ってました。
ありがとうございますm(_ _)m



今回はアンケートでメッセージも沢山いただけて嬉しかったです。ありがとうございますm(_ _)m










fc2blog_20151115015200a93_convert_20151115021239.jpg



ギャラリーとりこは元々写真の展示だけに利用されていた場所でした。
しかし、とても良いギャラリーなので、写真だけに使うには勿体無いということで
作家のゆみたさん、ニノミヤさんが発足したのがちいさな美術展のはじまりだったそうです。
最初は静岡で美術を発表すること自体今よりもメジャーじゃなくて人を集めるのが大変だったみたいですが
今はこうして美術をやる人達が沢山集まる場所になりました。

私は大学卒業後、静岡に戻ってきてから色々なギャラリーを調べて
ガラス張りで駅からも近く常連さんも多かったので最適だと思い、ここで個展をやりました。
受けいれてもらえるか心配でしたが、想像以上に私の作品を楽しんでくださる方が沢山居て
ここに集まる人達、そしてこの場所そのものに愛着が湧いてきました。
毎回の交流会はとても楽しかったです。
ここで展示してよかったなと心から思っています。


静岡の街中を歩いていて、行く度に新しく小綺麗な店ができていたり
聞いたこともないイベントが急に開催されているのを見ると
熱しやすく冷めやすい、それでいてはみ出しづらい地域性みたいなものを感じます。
しかし、その中でも密かに情熱を燃やしている人達がいるのです。
興味をもって目や耳を傾けないと近くにいてもなかなか気づけないくらいのところで。


美術をやるというと、「お前には無理だからやめろ」が枕詞のように付いてきます。
無理かどうかは自分が一番わかるのだし、反対意見に意地になるだけエネルギーの無駄だから
そんなことを言うよりは本人のできる範囲で、どれだけのバランスでやっていくかを考えたほうが良いです。
せっかく人間に生まれたのだから、動物だったらできなかったことをしないと勿体無いでしょう。

ただ、その為には場所が必要です。
絵が置ければいいじゃんなどと言ってどこでも済ませられるものではなく。
作品と、適切な場所、そして見てくれる人が居て展覧会は成り立っています。


とりこは今後、写真をメインにやっていく為、美術の展示は来年4月までです。
とりこで美術の展示はできなくなってしまいますが、これからも静岡で展示したいと思える場所ができるといいですね。
もしくは開拓できるといいですね。


ちいさな美術展にお越しいただいた方、ここで関わった方々、スタッフの皆さん、ありがとうございました!



現在とりこで、写真展「ワタシノスキナヒト」展がやっているそうです。
本日は19時半から交流会もありますが、
私は今日外出するとちょっとデザフェス準備が間に合わなそうなので行けないですすいませんm(_ _)m
行った人達は私の分まで楽しんできて!
ちなみに参加自由なのでこの記事を見て行きたくなった人は今から参加しに行ってもOKです。

嘘をつき心を殺し二足歩行 

「創造する物語の肖像」展はギャラリーカフェ・テオさんでやっていました。
愛知県名古屋市の車道という駅からすぐです。
車がたくさん通っている広い通り沿いにあります。


DSCF7797_convert_20151103234643.jpg


とても広い通りなのですが、横から見ると平らなので間違えて通り過ぎることもあります。
立体的になったらもっとわかるはず。


一階がカフェスペース、二階がギャラリースペースになっています。
一階のカフェのお客さん(その時居た人達、実は全員出展作家だった)がとても静かに喫茶していたので
こんな静かな場所でおかしな行動は取れないと焦り、しばらく店内をふらついて店の空気に自分を馴染ませてから
二階のギャラリースペースにお邪魔させていきました。
はじめて来た人にはギャラリーにたどり着くまで勇気が要ります。


急な階段を上るとギャラリーがあります。
畳部屋にパーテーションを設置した和の空間です。




DSCF7799_convert_20151103234744.jpg


ポートフォリオ達です。気軽に見れます。




DSCF7803_convert_20151103234844.jpg



上れない階段に参考図書が並んでいます。
小説、絵本、漫画など色々ありましたが全体的に可愛い作品が多かったです。





DSCF7801_convert_20151103234815.jpg



私の出した作品がありました。











DSCF7804-2_convert_20151103234920.jpg
『馬になった譲治』
F6 油彩、キャンバス











参考にした本は谷崎潤一郎著「痴人の愛」です。
読んだことない方の為に簡単にあらすじを言うと

今まで浮いた話もなかった会社員の譲治さんが、カフェで働いていたナオミという女の子に目をつけて
この子を引き取って育てて、大人になった時に立派なレディになったら結婚しようと計画するのですが
育てていくうちにとんでもないビッチになり、それでも彼女の美しさに取り込まれてしまい
最後は彼女に服従させられてしまうという話です。

あらすじでネタバレしても話は面白いので未読の人は安心して読んで下さいね!




ナオミが出て行ってしまった時に激しく後悔した譲治さん。
特にナオミの履いていた足袋を手に嵌めて、背中に彼女の来ていた着物を乗せて
部屋中を四つん這いで動きまわるシーンが最高です。お馬さんになってしまうのです。

孤独で真剣な人はどうしても面白くなってしまう。
だけど、これが正直な人の姿です。
大抵の人間は嘘をつき、心を殺して二足歩行しているだけです。








CRgDhj0UkAARPaw_convert_20151104011230.jpg



実際に置いていた本にはこのように参考シーンのページにふせんを貼っていました。







DSCF7805_convert_20151103235012.jpg



家のプリンターがエラーで動かなくなってしまったので、手書きのキャプションを添えました。
今回に限り、絵の値段も作品と関連させてます。













DSCF7806_convert_20151103235032.jpg




といった具合でした。
他の方はやはり本のチョイスとともに可愛い作品が多かったです。
その為、浮いてしまったのではと心配する方も何名かいらっしゃいましたが
可愛い作品とそれ以外で、案外調度良いバランスになっていたんじゃないかと思います。

あと交流会たのしかったです。
パンと梅酒をたくさん摂取しました。
色んな地域で活動していると、どうしてもそれぞれの土地の知識が広く浅くなってしまうけれど
名古屋周辺のギャラリーの話とか色々聞けて参考になりました。

お越しいただいた方、関わった方々、ギャラリーカフェ店長、ありがとうございました!




もうすぐとりこの「ジブンイロ」展が始まります。
さっき搬入してきました。今週金曜日からです!