01 | 2017/02 | 03

消えていく辞書は写真に残される 

「ことジン ~ことばこ×Hey!Zine~」終了しました。







言葉とZineの展覧会。
会場入って右側には出展者の作ったZine、
中央には毎日変わる言葉が描かれたキャンバス、
左側には主催者のコレクションZineが展示されていました。


発表されたZineは、馴染みある形式の本から
箱に入ったりスライドさせて見る特殊な形式のものまであり、
内容も絵本、漫画、小説、詩集、写真集など色々なジャンルのものがありました。
Zineというものが馴染みのない場所だからこそ
ジャンルや形式に偏りない展示になったのは丁度良かったと思います。




本といえばコーヒーなわけで、
会期中の土曜日に移動型カフェのStand up cafeさんが移動販売に来てくださいました。








頼めばラテアートをやってくださるそうなので、リーゼント燃えてるよを描いて貰いました。









世の中のあらゆる事柄は全てラテアートに収まると言いますが、
リーゼント燃えてるよもついにラテアートに収まりました。
消えていく辞書みたいですね。












展示はこのようになっていました。
見る用は壁にかけたり吊るしたり。
販売用はテーブルに置いていました。









今回、「僕は言葉のとりこ」というテーマに沿った作品の
「あんたかさんは元気であってほしい」です。

夢の中で聞きました。
「あんたかさんは元気であってほしい」
「あんたかさんは、元気であってほしい…」
…あんたかさんって誰だ!?
という気持ちを込めて描きました。

夢の中で聞いた言葉を頼りに描いたドローイング集です。









黄色蛍光ペンと赤ボールペンで描いています。









「前頭葉ゆるふわ墓地」はお気に入りフレーズです。
ゆるふわなので魂が出てきちゃいます。
夢が広がりそうなのでこの言葉はまた使うかも。



最近、怖いものが減ってきたのでちょっぴりホラーテイストも取り入れました。
これ誰も買わないんじゃないかと思いましたが買ってくださった方もいらっしゃったみたいです。
売れなさそうだけど描きたいものが売れると、自分の価値観が通じたようで嬉しくなります。

2年前は静岡で発表しても大丈夫か不安でしたが
予想以上に気に入ってくださる方がいたから、とりこで展示して良かったと思っています。
これからも私の良いと思うものが通じる世界を広げていきたいです。



お越し頂いた方、この展示で関わった方、ありがとうございました!

アインヨー 

(*´∀`)お誕生日おめでとう(´∀`*)


img034-2jpg_convert_20150926180454.jpg
B6 黄色蛍光ペン、赤ボールペン





24日で29歳になりました。
誕生日が来ると、とりあえず10年前に思いを馳せてみるけれど
10年前ってもう大学でデッサンとかやっていた時期だからおそろしいですね。
あとちょっとでブログ始めて10年になっちゃいますよ。
未だに1ヶ月以上放置して出る広告でたことないですえっへん。
当初よくブログで関わっていた人達のほとんどはそれぞれの道へ進んでいるみたいだけれど
私は今後もブログを続けるでしょう。
元々喋るのが得意じゃないから、人と会話して言いたいことを全部言えた試しがあまりないので
ここなら言いたいことも言えるし見せたい作品も見せられると思って始めました。
今は他のSNSが普及しているけれど、ブログじゃないと出来ないことはあるので無くならないと思います。
文字などの制限を気にしなくていいし。
だからFC2も長生きして下さい。





img034-1_convert_20150926180202.jpg
B6 黄色蛍光ペン、赤ボールペン





最近は同級生のお子さんとも遊ぶ機会が増えてるけれど、
母性より親近感が湧いています。
幼稚園の頃の思い出がどんどん鮮明になって、本の1ページ前をめくるくらい容易に園児の頃を思い出せます。

あの頃は地球戦隊ファイブマンとか見ていて地球救いたい欲があり
自分は無知で無力だけれどどうしたら地球を救えるだろうかと考えていたところ、
24時間テレビのキャッチフレーズ「愛は地球を救う」という言葉を見て
そうか、愛か。愛ならできそうだ。
アインヨーーーーー!!!
って団地の庭で一人で叫んでいた所を近所のママさんにビデオで撮られました。
あとで見せてもらったら「ヨー」の部分でズームアウトされていてなかなかいい演出だったと思います。

こんな具合に鮮明です。
幼児よりさらなる原始に触れたら前世の記憶も蘇るだろうか。
妖狐蔵馬みたいなのが出てくるだろうか。

口の一生、人の一生 

3月から続けて各地で行われてきたMOUNT ZINEのイベントが終わりました。
3月~4月は渋谷のLOFT&、
5月上旬は都立大学前のスペース890でのメインイベント、
5月下旬はヨコハマハンドメイドマルシェの特設スペースでの展示でした。

ご覧頂いた方、展示していただいた会場スタッフさん、MOUNT ZINEさん、ありがとうございました!


一度の申し込みでいろんな場所に置いていただけたのはお得感がありました。
これで沢山の人に見ていただけたら更に良いのですが、私が行っていない場所もあるので定かではありません。
売れたかどうかもまだわかりません。

イベントが終了した後はmount zine shopweb shopでの展示販売が11月中旬くらいまで続きます。
多分私の出した絵本はまだ残っていると思うのでお好きなときに行きましょう。
お店はメインイベントが開催されたスペース890で、
木、金、土、日の12:00~19:00に開いています。






イベントが終了したので、展示していた本をちょっと載せます。
「リーゼント燃えてるよ~丸こげ温泉編~」は前に載せたので、「口の一生」を載せます。


CACf6whUgAA7PFK_convert_20150321182023.jpg




リーゼント燃えてるよの絵本が手ぬぐいとセットにしたことで高くなってしまったので
小さくて気軽に見れるZINEも作りたいなと思っていたら口の一生ができました。






CBFBJ8-UIAEVjQf_convert_20150528231253.jpg




中身は赤いペンと黄色の蛍光ペンで描いたドローイング
かと思いきや




CEj6Y8AVIAA0yb_.jpg




綴じ込み付録ですごろくも付いています。
ただし、サイコロは燃やしたので各自用意すること。
コマも燃えたし車もお金も株券も燃えました。それが人生です。





fc2blog_20150528233651ae6_convert_20150528234348.jpg



内容は実物を見てのお楽しみです。
全部見せたらパソコンのモニターを寝かせて直接すごろく始めちゃうでしょあなたたちは。

口の一生が気になる人も丸こげ温泉が気になる人も、11月中旬までにmount zine shopへ行きましょう。

家に帰るとすぐ眠くなっちゃう 

現実世界で起きる出来事に不思議が多すぎて
真剣に聞いた話が夢の話だった時に「なんだ夢か」と思ってしまいますよね。






img056-1_convert_20141129230045.jpg
B6 画用紙、黄色蛍光ペン、赤ボールペン






昨日見た夢の話です。

サザエさん一家にいきなり外国人が混ざってきて「私は家族だ」と言い張るのですが
どう見ても家族には見えません。似てないし。
そして外国人がどんどん磯野家に湧いてきてカツオが「警察を呼ぼう」と言うのですが
サザエさんは「私は警察を信じない」と言って聞きませんでした。
サザエさんは割とアウトローな性格だったんですね。







img057_convert_20141129230433.jpg
B6 画用紙、黄色蛍光ペン、赤ボールペン




夢はこれで終わりました。
日曜日はサザエさんなので、サザエさんでこんな話が放映されたら正夢です。
私は家の方針でバンキシャしか見れないのでサザエさん派の人はご確認ください。






img056-2_convert_20141129230149.jpg
B6 画用紙、黄色蛍光ペン、赤ボールペン




起きている時は「なんだ夢か」だけど、寝ている時は「なんだ現実か」と思っています。

どこの猫の骨ともわからぬ者 

毎年名古屋でやっている猫の展覧会『+CAT』が
なんと2013年1月でラストになります!
9月中はまだメンバー募集中なので参加希望の方がもしいたら
メールかコメント欄にてお知らせください。
ちなみに場所はギャルリーくさ笛で、出展料は人数次第で変動します。
※募集はとりあえず締め切ったっぽいです


あと、ハンドメイドコミュニティサイトのcoobooオフィシャルブログにて
今週の注目のクリエーターとして紹介されました。
coobooさんありがとうございますヽ(*´∀`)ノ






img323-2_convert_20120905214749.jpg
B5 画用紙、黄蛍光ペン、赤ボールペン




こっからは個人的な猫話。

高校生の時、仲良くなった猫が居ました。
通学路に居る白黒の、か細い声で鳴く猫。

最初は逃げられちゃったけれど会う度に近づけるようになって
下校時に通りかかると私の所に来てくれるようになりました。

小さい子がおいでって言っても来ないのに私の所に来ちゃった時は
何となく気まづかったけど嬉しかったな。

私の周りを尻尾で触れながらぐるぐる回るから
しゃがむと手に頭をすり寄せてくるから撫でてあげる。

ずっと撫でてると足が疲れるから途中から正座して座ると
私の膝に乗ったり降りたり落ち着かない子。
人目をはばからず、そのままずっと撫でてる。
アスファルトの上は暖かい。

高校を卒業してからは
通学路だった道もほとんど通らなくなってずっと会ってなかったけれど
最近仕事帰りに久しぶりに会えました。

目が合ったら、か細い声で鳴いて私の所に来てくれました。
よかった、忘れないでいてくれた。

それからまた地べたに座って撫でてあげていたけれど
大柄の人が通った時に車の下に隠れちゃったので
そのタイミングでバイバイしようとしたら
また私の側に来て、まだ行かないで欲しいと言ってるかのように
その子は仰向けに寝っ転がりました。

まあ、そんな様子をいくら言っても伝わりませんよね。
この猫が特別に好きです。

でも、いくら撫でていてもこれ以上どうしたらいいかわからない。
餌もあげられないし。

これだけ人懐っこいんだから飼い主が居て当然。
「のんちゃ~ん」と呼ぶ声が聞こえて家に入って行ったのも見たし。

こういう時は「のんさんを私にください」って言うのかな?
全く面識ない人間がいきなり来てそんなこと言ってきたらびっくりするよなぁ。
っていうか我が家は猫派じゃない人が多いから飼ってもなぁ。