02 | 2017/03 | 03

再会したら名字が変わっているのは面白いね 

もう1年経ってるので知らない人も居るかもなので言っておくと
在学中は学生寮に住んでいました。
ボロいので卒業後は即壊されるという噂も纏わりつく中
最後の寮生として4年間暮らしていました。
1年の時を経てGWに元寮生達とお食事会することになったので
大学院に行ってる友達に、寮は現在どうなってるか聞いてみました。


寮は現在残っているかどうか

寮は残っている派 ─┬─ やる気と根性だよ派
            │    ├─ 継続は力なり派(王道派)
             │    ├─ もったいないからとっておく派(中立派)
             │    └─ 長年付き合ってたら結婚してたみたいな派
             │
             ├─ 観光名所だよ派
             │    ├─ 世界遺産に登録しよう派
             │    ├─ あいちトリエンナーレ2010の会場だよ派
             │    └─ 戦慄迷宮って昔は宿泊施設だったんだぜ派
             │
             ├─ 閉寮してないよ派
             │    └─ 生活している新一年生の影を見たよ派
             │
             ├─ そう簡単に壊されてたまるか派
             │    ├─ 無敵要塞学生寮(変形可)派
             │    └─ 助かる方法は死ぬか歌うかなのよ派(シガーソン派)
             │
             ├─ 寮母さん達は今も元気です派
             │
             ├─ 学校法人の都合だよ派
             │    ├─ 壊すのもお金かかるし派
             │    ├─ やろうと思ってたけど道具を家に忘れてきました派
             │    ├─ ちょっと揺らすだけでゴキブリがあふれ出る派
             │    └─ 閉寮は我々の計画をカモフラージュするためだよ派
             │
             └─ 壊したら恐ろしい目に遭っちゃうぞ派(過激派)


寮はもうないよ派 ─┬─ 思い出の中で生きてるよ派
             │    │
             │    └─ 卒業とはそういうことだよ派
             │
             ├─ 壊れたのは寮ではなくこの世界の秩序だよ派
             │
             ├─ 私たちは寮に築かれたのだ派
             │
             ├─ あははははははは派
             │
             ├─ 寮がハワイに移転してアロ派
             │    │
             │    ├─ 寮はダイエットの一環で壊されてるよ派
             │    │
             │    ├─ 住んでる時から壊れていたよ派
             │    │
             │    ├─ 寮は学生が生み出した幻影だよ派
             │    │
             │    ├─ 寮?この前コンビニで立ち読みしてたよ派
             │    │
             │    └─ 寮はお腹すいてるよ派
             │        │
             │        └─ 1年間誰もいなかったんだもん派
             │
             └─ 壊して全く同じ建物を作ったよ派
                  │
                  └─ 新築とは思えないほどの再現度派




というわけで、まだ寮は残っているみたいです。上記は全く関係ありません。
誰も何も使ってないらしいですが。
あるなら何か使えばいいのにとも感じますが、耐震がヤバいしな。
もし何かに使う場合は無許可で壁に描いたあの絵について怒られるかな?

まぁいっか。知~らない♪迷惑はお互い様よオホホホw


もう1個の使い道 

「あの桜が全て散る頃には、私はもう…」

彼女は窓の外を眺めてつぶやいた。
ほとんど葉桜じゃないか。
花見で賑やかな時とは違えども、元気な季節に向かって木は青々としている。
なのに、そんな景色も彼女には哀しいのか。

テレビでは、南の島が映されていた。
とある食堂のラー油が全国で流行っているらしい。
熱帯植物が大きな葉を揺らして、暖かい空気がここまで届きそうだ。

「ほら、テレビ見なよ。地デジ超リアルだよ」

哀しいことから目を逸らしたくて、今更な情報を伝える。
僕らは飛行機に乗ったことがないから、南の島は想像上の楽園みたいなものだった。

「私ね、生まれ変わったらカモメになりたい。
眩しいほどの太陽を浴びて、南の島を自由に飛びまわりたいわ。
できればあなたと一緒がよかったけれど…」

「行けるさ!僕と一緒に沖縄へ行こう」

僕は部屋をとび出し、デパートの催事場へと向かった。

『九州・沖縄物産展』

1日限定50個(1人2個まで)のラー油を2個手に入れて
彼女がいつも食べているお粥に一瓶たっぷり混ぜてあげた。
行こう、一緒に常夏の島へ。






フィクションですってわかるかw

九州・沖縄物産展は本当です。
美味しそうなラー油が限定50個と聞いて行ってみたら
開店10分で既に売り切れになっていました。
1人2個だから、皆が2個ずつ買ったら25世帯にしかラー油が行き渡らない。
そもそも一世帯にラー油が2個も要るのかな。
だれかにあげるのかな。
これくらいの使い方じゃないと納得がいかないわ!


続きを読む

優しくされると切なくなる。冷たくされると 

もうすぐ免許を取ろうと思うので、住民票写しを手に入れるべく市役所まで行った。

身分を証明できるものをと言われ、保険証を提示。
でも、それだけではダメだと言われた。

学生証は?    …もう学生じゃないんですよ。
社員証は?    …正社員じゃないわよ、悪かったわね!
          (そんな風には言ってないから安心してね☆)

窓口の人は困った顔で、質問に答えたら受け付けますと言ってくださった。

なんとか住民票写しはもらえたものの。
本人以外の何者でもない私が目の前にいるのに
こんなにも身分を証明できないとは、世知辛い世の中だ。
どこかに所属してなきゃ自分を証明できないなんてさぁ。
しかも朝マックが10時28分に終わっちゃうなんてさぁ。
こんなのおかしいでしょ!!


だからね、市役所の帰りに白いバス見つけたから腹いせに…

献血してやったわ!!!!!!


一度やってみたかったから。
健康状態も問題ないし、血が滾ってるし。

しかもお昼のドラマ(再放送)で献血のシーンがあって

若かりし頃の渡辺裕之さん「助けてくれた君はまるでマリア様のようだった」

若かりし頃の高木美保さん
「かっ、勘違いしないでよね!ナイチンゲールをリスペクトしてやっただけなんだからっ///」

みたいなことを言ってたのを見て柳子様ツンデレ可愛いと思ったから。


今回が初めてだったんだけれど、マークシートや血圧、濃度を調べて全て通過して
普通に採血できることとなった。

右手の血管に管が繋がって、ゴウンゴウンって機械が回転して
バッグ内で血液がシェイクされながら増えていった。

こんなに採られて私どうなっちゃうんだろう!その後の状態が楽しみすぎる!!
そんなこと思ってたけどね。


採血が終わった後、しばらくソファで休んでいたら。



…あれ、私どこで寝てたんだっけ?


酔ってどこかで寝ちゃったのかな?やばいなぁ。


って言うか誰かが私を起こそうとしてる。起きれない。



ああ。私、気絶してたんだ。




貧血で倒れていた。
しばらく横になって、早く帰りたいから起き上がったけれど目の前が暗くなって
かれこれ1時間は狭いバスの中で休ませてもらった。
看護師さん達はすごく優しくしてくれて、血圧上がるまでジュースとお菓子いっぱいくれて。
車内のラジオでは古内東子さんの『誰より好きなのに』が流れていた。


帰り際、原因は「緊張してたんでしょう」ということになっていた。
緊張というよりはワクワクしてたんだけどなぁ。
あえてストレスがあったとすれば、
ジュースとタオルくれたお姉さんがなんか冷たい気がしたところだけれど。
あと、体重制限ギリギリだったし。とか言うと体重バレるwww


血はいつでも必要なもので、それでいてしょっちゅう採れるものでもない。
余計な血は流すもんじゃないね。


2010_02230007_convert_20100222235903.jpg


献血したその日は、怖くてもうできないかもって思ってたけれど
けんけつちゃんに「待ってるっち!」なんて言われたら、またやっちゃうかも。

昔の自分は姿も思考も違うけど自分なのかな 

――――――――――――――――

【ケーキ】


ケーキはショートケーキだけじゃない

チョコレートケーキやデコレーションケーキもある


――――――――――――――――



小学一年生の頃に国語の授業で初めて書いた詩を突然思い出しました。
思い出した瞬間は爆笑しましたが、今はなるほどと思えます。

その詩を筆頭に小学生の頃の嫌な思い出をいっぱい思い出しました。
算数できないし、泳げないし、足遅いし、作文書けないし、ボール恐いし、
給食食べきれないし、嫌なことされても嫌って言えないし、
思ったことを言葉にするどころか自分が何を思っているのかわからなくて一言も喋れないし…。

でも、自分を嫌いにならないので良しとします!
今も大して何かできるってわけではありませんが、私はそれでいいんですw



2009_01130105_convert_20090210183657.jpg

夏だし俳句でもしゃれこもうか 

今日一日で思いついたのをザッと載せるので、お好きなものから読んで楽しんでください♪





蝉鳴く日 セピアの淑女 枯れ紫陽花


あなご丼 実は海蛇? 「うなぎうめぇ!!」


サンダルも 苦にならないの ジャンクション


ザクッ、ガリッ これ絶対に メロンじゃない


また雨か… まだ敷いている カーペット


夏来る 今こそ雑煮を 食べようぞ


ウォンチュウ!炎昼!冷やし中!華


アスファルトに打ち水って ムアッとするだけですってよ


ラッパ飲み タンニン分離 青みどろ


ががんぼの 儚さ恐い お父さんハサミで切るのやめて~!


ネトゲ課金 ダーツに失敗 蟻地獄


新じゃがに 塩辛うまい 試してこ?


箱の波 流れる車窓 モノトーン


夏祭り 頼れる手の甲 ラムネ開く


ひまわりの 見上げる鉄塔 不安の空



2008_07100009_convert_20080713233451.jpg



俳句は基本的に五七五ですが、テンションが上がったらルール無視していいと
国語便覧で読んだ気がします。
続きを読む