03 | 2008/04 | 05

GYALLERY M に行ってきました 

img008_convert_20080430200457.jpg

MAYA MAXX,KAZU MAXX,矢野きよ実 展-これが愛だ-を見てきました。
星が丘駅で降りて岩根まで…今日も初めて行った場所です。
このあたりは坂の多い住宅街ですね。とてもかわいい家が沢山並んでいました。
静かですし、ガーデニング好きの方が多いのかきれいなお花が沢山咲いていて
生活するのにとてもいい環境だろうなと思いました。
お洒落な建物があったので、あれがギャラリーかな?と近づいたら
男の子が窓を指差して「ここが風呂だよ」とその子の友達に言っていました。
ここいらの子はこんなお洒落な家に住んでるのか!!カルチャーショックを受けました。

MAYA MAXXさんのことはしゃべり場などで絵を見かけて知っていましたが、
このそっくりな名前のKAZU MAXXとは誰のことだろうと疑問に思っていました。
どうやらMAYAさんの弟子の男の子のようです。12歳で作家だなんでびっくりです。
彼の作品は主にダンボールで作られた虫や恐竜などでした。男の子らしいですね。
細かいところもよく観察しているようで、牙のつくりに妥協がないと見えました。
特に私が気に入ったのは、桜の花びらが貼られた恐竜です。
花びらはもう茶色くなっていますが、それでいいんです。
ピンク色のきれいな桜を見て楽しそうに恐竜を作っているKAZUさんの姿が目に浮かぶ。
生きているものはいずれ衰えてしまいますが、きれいだった時の姿が想像できる
それだけで充分素敵なものなんだと思いました。

帰りのバスを待っている間、散策をしていると
玄関で日傘をさしてうずくまっている女の子を見かけました。
鍵を忘れて入れないのだったら大変だと思い、声をかけました。
私もそういうことがあったので。この暑い日に待っているのは辛いでしょう。
でも、彼女は別にそういうわけではないと言っていました。
あんまり話していると怪しい人だと思われるかも知れないのですぐに去りましたが、
結局彼女は何をしていたんでしょうか。気になります。
彼女もまたKAZUさんのように何かに夢中になっていたのでしょうか。
どんなものであれ、実りあるものになるといいな。

岐阜県美術館に行ってきました 

img006_convert_20080429174804_convert_20080429174944.jpg

外身
初めて行ったんですが、彫刻が沢山展示してありますね。
なかなか面白い作品が多いし、おさわりOKな作品もあってサービスイイ!!

ご飯(味わうことも鑑賞です)
着いたのがお昼ごろだったので館内のレストランにでも行こうと思ったのですが、
食べ物がコース料理しかなかったようなので隣の図書館へ。
節約したい学生や小食の方などにはコース料理だと少し厳しいですね。
図書館のレストランではドリアを食べました。
野菜の切り方から味から、おもてなしの心が伝わってきました。
おもてなしの心が込められた料理はどんなものであれ美味しいです◎
期間限定らしいので、食べたい人はお早めに。

中身
主に現代美術の作品が展示されていました。
有名な作家の作品が多く展示されていましたが、混雑していなかったので
非常に鑑賞しやすかったです。入場料もお安くて嬉しい。

以前テレビで知って実物を見てみたかった宮島達男さんの『Opposite Circles』
暗い部屋で数字の輪が9個配置され、一人で見るのは楽しいような怖いような。
数字の中に「0」がない代わりに空白があるのは
死んだら何にもならない、「無」になるということを表しているのでしょうか。

他の場所でも拝見した荒川修作さんの『ヘレン・ケラーあるいはヨゼフ・ボイスの肖像』
気になっていたのでもう一度見ようと思い、この展覧会に行きました。
英字や矢印などで構成された作品は、無機的なのに何かメッセージ性を感じます。
しかし、展示する壁の色はベージュより白にした方が緊張感が出ていいんじゃないかな
と思いました。ちょっとワガママかもしれませんがw
展示されていたのは図形絵画の他にもオブジェがありました。
棺のなかに綿の塊が眠っているような作品について、見ていた女の子たちも
「わからない」と口をそろえて言っていましたが、どんな意味が込められているのでしょう。
棺は死んだ人の入る場所。そこに眠るのは綿。綿は腐敗や風化をせずそこに居続け、
まだ生きたい、忘れて欲しくないと訴えているのでしょうか。
そうだとすれば、同じ「死」をテーマにした作品でも宮島さんとはまた違った考え方になりますね。

今日は初めて展覧会の感想を書いてみました。
行ったことのない場所だったということもあり、いっぱい書いちゃいました。
ここに書いてあるのはあくまで私の解釈なので、これは違うんじゃないかと
思われることもあるかもしれませんが、ご了承を。
続きを読む

ハイパー猫 「カジキを追って、海まで来たぜぇ~!!!!」 

2008_04260127_convert_20080428205823.jpg
『カジキの夜』
SM号  キャンバス、アクリル絵具


色々おかしなところはありますが、ファンタジーということでw

バイト先のゴミ捨て場には野良猫が住み着いているんですが、
今日見たら子猫が増えていました。
様子からしてお母さん猫のミルクを飲んでいるようで、
ゴミを捨てに行ったら逃げられちゃいました。邪魔しちゃってごめんね!

GW中、スーパー内の喫茶店は暇のようで店長が閑古鳥メドレーを歌っていました。

学校やバイトの関係で、私のGWは明日から4日間です。
その間に美術館に行ってこようかと思います。
面白かったらレビューします!お楽しみにw


デカルコマニー 

2008_03020110_convert_20080427195950.jpg
25×20cm  紙、ジェッソ、アクリル絵具

絵具の付いた紙と紙を合わせて着色する技法をデカルコマニーと言います。
ではもう片方の紙はどうなったかと言うと…
沢山の紙を無作為に合わせ着色したので、どれがもう片方なのかわかりません。
なのでこれは、本当に無意識の中でできた模様です。

ブログランキングに参加してみました。よろしかったらクリックお願いします。

自由自在 

2007_12200002_convert_20080426164722.jpg
『自由自在』
F15 キャンバス、アクリル絵具

色にも境界にもとらわれない自由な魂を表現しました。
自由に生きられたらどんなに素敵なことでしょう。

新しい世界へ 

今日からブログを始めます。自分の作った作品を公開していきます。
大学では洋画を専攻しているので主に絵画ですが、色々なことをやっていきたいと思います。

2008_02140040_convert_20080426165511.jpg
『あちらの世界へ』
F10  膠引きキャンバス、ブラックジェッソ、アクリル絵具


変な絵が多くなるかもしれませんが、宜しくお願いします。