04 | 2009/05 | 06

ダイコン VS 包丁 

2009_05300022_convert_20090530215856.jpg





2009_05300125_convert_20090530215932.jpg






2009_05300126_convert_20090530220159.jpg

ビニール傘、ペン


最近暑いですね。それでいて雨が降りますね。
これ使って外歩いたらアレかしら。

7777フフフフ 

手


みんな、いろんなウイルスに気をつけてくださいね♪
続きを読む

お米達の戦いや色々 

先日、デザインフェスタに行ってきました。
よく知らずに行ったのですが、一言でいうとデザインがらみの屋台わんさかって感じでした。
自作のポストカードやTシャツやらグッズやら色々売ってます。

とりあえず、人が多い!
エスカレーターの出発点の先の先まできれいに列ができていました。
一つ上の階に行くのに順番待ちとかありえんww


人の多さや内容のボリュームに圧倒されましたが
その中で特に目を引いたのは
「第一会議室」さんというパフォーマンスをしていたグループでした。
「おこめ~おこめ~」と歌いながら会場内を練り歩き、お米について語りかけ
所定のスペースに着いた時に劇を始めます。

お米が戦っていました。

余ったお米を冷凍庫で保存するという方法は
時間が経っても温めれば再びほかほかで食べられるという画期的な方法です。
でも、凍らされるお米側としては、たまったもんじゃないんでしょうね。
そんな、お米の叫びを受け止めました。

それでも私は冷凍庫に入れることは悪いことじゃあないと思うんですけどね。
お米はいつまでもほかほかじゃあないから。
常温で放っておけば硬くなり、老いていく一方です。
しかし、食べたい時まで冷凍しておけば、いつでも食べ頃を食べることができます。
美味しく食べてもらえる方がお米も幸せなんじゃないかなと。
人間は冷凍保存してとっておけないんだし、
お米は特技の一つとしてプロフィールに書いてもいいんじゃないかと思います。


こんなにいっぱい見きれないよ~!とか思っていましたが
結構楽しんできちゃいました!
沢山の人が色んな夢や目標を持ってこの場所に集っているんですね。
実際やるかはわかりませんが、楽しそうなので出る側になってみたい気もしてきました。



2009_05180042_convert_20090521205125.jpg

バッグに、この中の1つを付けていきました。


2009_05180043_convert_20090521205329.jpg

人々の潜在意識に彼を植え付けることで
この会場に来た人が後に彼を見たとき、懐かしい気持ちになるかもしれない。
これをなんちゃら効果という…なんだっけ?w

初任給 

社会人になった皆様は、最初に得た報酬は何だったでしょう。
初任給20万とか?

現在私は無職。
ざっくばらんに言うと、ほぼ主婦のような生活をしています。エゴイスト面白い。

今年、町内の委員会当番が回ってきたのですが
両親共働きなので私がその仕事をしています。

今日は、廃品回収をして来ました。
委員がトラックに自転車で付いて行って新聞紙を荷台に乗っけます。

委員の人数は無駄に多いです。
油断してると何もしないで付いて行くだけになったりします。

狭い道にある新聞紙を取りに行こうとした時
ご高齢の男性が言いました。

「無理して取りに行かなくてもいいんだよ、女は」

「だったらテメェも下がってろよ、ご高齢は」
って言いかえしたい気持ちもありましたが

かつては彼も「男なんだから働け」
とか言われてプレッシャーを感じながら

やっとこさ家庭を築いたりしたのかななどと考えたら
黙ってプライドを尊重してあげたい気持ちになりました。

社会に出なきゃ、そこまで考えられなかったかもしれません。
家から出てないけどねw




回収が終了したあと、
近所の酒屋さんから飲み物が配られました。

DSCF6321_convert_20090516205321.jpg

これが、私が社会人になって最初に得た報酬でした。




就活がスムーズに行かないので一旦バイトしようかなと思う今日この頃。

ねこさんとカメレオンさん 

ブログをアップデートしていない間もイベントはメニーで何を記事にしようかシンクしたものの、やっぱThisだねというわけで、記事にしよう。ニュースペーパー。
先日、My motherのワーキングフレンドがミーのグラデュエーション祝いにサイフをプレゼントしてくださいました。
なぜウィンドもスメリィなシーズンのMayにプレゼントなのWhy?というクエスチョンも浮かぶものの、そんなことはDon't WorryでVery Thank youでした。



ごめんなさい、息が苦しいのでいつも通り行きます。大変失礼いたしました。
つまりは母の同僚の方から卒業祝いにお財布を頂いたのです。
一目見て気付きました。

DSCF6285_convert_20090514232351.jpg


fuseさん作じゃん!

fuseさん作のお財布、窓ねこシリーズ。詳しく知りたい方は『革作家の日記』へGO!

世間は狭いですね。ブログで知り合った方の作品が巡り巡って私のもとへ。
ちなみに母の同僚は私とfuseさんのブログについて一切知らないみたいです。
静岡駅のパルシェにある革製品のお店に行けばあるそうですので
欲しい方はそちらに行けば買えます。


私が猫好きなのは周知の事実と存じますが、爬虫類も大好きです。
爬虫類専門のペットショップとか行ってみると面白いです。
カメレオンとか特に自分勝手で。
餌を取るために身を乗り出す、その足元にはルームメイト。
ルームメイトを踏み台にすることを微塵にも悪びれず、
相手も少し邪魔そうにしてるけど「まぁいっか」って表情で。
お互いに頓着無いんですよね。

こちらのカメレオンさんも、自分の話に夢中で
窓ねこさんが魚の獲り方を教えてもらえず困っています。
実際関わると困ることは多いかもしれませんが、
他の生き物の常識を超えた自分勝手なところはカメレオンさんの魅力だと思えます。
自分を一番大事にすることって、人間には難しいことですし。

あと、指が5本じゃないところとか、のそっとしてるところもイイ!

そんなわけで…
ありがとうございます、使わせていただきますね♪

5がつ5か こどものひ あめ 

2009_05050119_convert_20090507132936.jpg
46×60cm  ビニール、ペン

あ。私って、もう子どもじゃないん…だっけ…かなぁ?

OSAKANAさん 

この前、デジタルハイビジョンで大自然を堪能するような番組で見たこと。


ジャングルっぽいところの大きな水たまりで生まれたお魚達は
いつしか水が干上がって、住みづらくなってしまう。
そこでお魚達は生き延びるために
近くの湖に移動しようとするのだ。

手足もなければ羽もないお魚達はどうやって移動するのか。
方法はいたってシンプル。
なんと、ピチピチと跳ねて移動したのだ。
住んでいた水たまりから大地へと上がり
跳ねる。跳ねてちょっとずつ進むだけ。

砂利まみれになって地面に体を打ち付ける姿は
傍から見れば滑稽だ。
自ら苦しんで死のうとしているようにしか見えないから。
だがお魚達は、生きようとしているのだ。
干上がっていく水たまりで細々と暮らす運命に逆らい
広い湖へと進む。戻る。進む。

途中で死ぬお魚もいた。
皆生きられるわけじゃない。
だって、そもそも無理なのだから。
それでもお魚は跳ねるのだ。
生きるために。
私はテレビの前で応援した。
がんばれお魚!おさかな!OSAKANA!

力尽きたお魚で、道ができていた。
でも、何匹かは湖にたどり着けた。
勇気をくれたお魚達は、魚類ではない。OSAKANAさんだ。


2008_12060026_convert_20090502104806.jpg
29×21.5cm  まな板、アクリル絵具