08 | 2009/09 | 10

23歳の子供と100年の孤独 

お風呂で絵が描ける石鹸を手に入れたので
9月23日の夜、自由を堪能しながら描いていた。
普段描けない場所に描くとテンションあがるよね。
湿気が増えるとたれてくるのが難点だけど、
絵が動いてると思うとなんか面白い。



2009_09250024_convert_20090925105821.jpg



そうこうしている間に日を跨ぎ、9月24日。
私は23歳になりましたとさ。




誕生日の夜、家族で居酒屋に行きました。
母が
「今日は特別な日なの~オホホホホ」
と、チラッと言ったら
店員さんが気を利かせてくれて
メニューに載っていない焼酎「百年の孤独」をくださいました。
正直言うと焼酎の味の違いはまだよくわからないけれど、
これは他と違うのがわかりました。
ウイスキーに近い、なんだか懐かしい味。
懐かしむほどウイスキー飲んでないだろって?
私が幼い頃は父と母がよく飲んでたので匂いで懐かしかったのよ。

百年の孤独って、小説の名前から由来しているんですね。
あらすじを調べてもよくわからない話ですが、
百年もの時間をたった一人で孤独を味わい続けていたわけじゃあないようなので
そこは安心しました。
そして二十三歳の私は、祝ってくれる人が居ることで孤独じゃないと感じられました。

私はいつも通り 

ネット事業部での終わりのない作業をする中、
私はすごい発見をした。


頭に浮かんだネガティブな言葉(嫌だとか疲れたとか)を
全て「二の腕が細くなる」に置き換えたら良いんじゃないかと!!!






2009_09160006_convert_20090916214724.jpg





〔フィクション例文〕

今日も仕事、明日も仕事。終わりのない毎日に二の腕が細くなった。
二の腕が細い上司も二の腕が細いし、
いっそのことニノウデ・ホソナールで二の腕細くなってしまおうかと思う。
俺なんて、二の腕が細くなってしまえばいいんだ!


ダンナは今日も二の腕が細い。
きっと他の女と二の腕が細くなってるんだわ!
もう、二の腕細くなってやるんだから!


長崎は今日も二の腕が細かった。





2009_09160004_convert_20090916214500.jpg





これのおかげで、私の頭の中ではものすごく二の腕が細くなりました。
う~ん、このブログ見ている男性とかはコメントしづらいかしら?
すいません、二の腕細くなってきます。

毎日セレブ妄想しかしてなかったな、小学生のときは 

2009_09110043_convert_20090911120349.jpg
ビニール、ペン

鞄屋さんで働いてます。
土日は接客、平日は通販のお手伝い。
接客は難しそうなので不安なので
思わず「なちゅらるふぃっとくっしょぬぅあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
と言って椅子で滑って壁に激突したい衝動に駆られますが
新人が他に4人いるのでなんとか頑張れる!


それにしても、ランドセルってみんな同じに見えても全然違いますね。
最近はハート型の刺繍や変わった色が多く出回っていますが
ランドセルはなんといっても使いやすさ、丈夫さが大事。
店の宣伝にやられたってのもあるかもしれませんが
小学生の頃を思い出すと、やっぱり使いやすいものがいいなって思います。

一番嬉しかったのは、肩のベルトが針金っぽくないところですね。
あれ痛かったもん。セーター引っかかるし。

あと、最近の風潮から色も豊富になっているのですが
他の子と並んでも変な目立ち方をしない上品な色がいいですね。
アンティークワインもグリーンも、出る杭にならず他より秀でている感じ。
6年間使うので、大きくなっても後悔しないヤツ選んでほしいです。
限定品シルバーは2日で飽きると思うよ。(当店のだけど)


そんなこんなで
こども店長が働きすぎて痩せちゃってないか不安になりながら
元気にやっている今日このごろです。

BGM少年時代 

なつやすみ

2009_07100024-2_convert_20090902233516.jpg


いろいろありました
続きを読む