FC2ブログ

10 | 2017/11 | 12

抗議だらけの屋外展示 

帰りたい!

自分のブースに着いた瞬間心の中で叫びました。
ストフェスの会場は屋外。恐れていたことが最初から起こっていたのです。

朝から大雨。
ブースは屋根があるものの隙間から吹き込んでくるし
別料金で借りた背後の壁も雨が伝い使えない。
更には掃除しないまま設営されたのでブースの下はムクドリのフンだらけ。

このままでは作品を置けないので、掃除から始めることにしました。
近くの100均でバケツとブラシを購入。
小さいブラシで地道に掃除していると左隣で出展している方からでかいワイパーを貸して頂きました。
屋外展示に慣れているようで準備が良い人でした。ありがたい。







IMG_2349_convert_20171129041254.jpg




やっと設営完了できたのは12時頃。
びっっっっしょびしょだよ~。
雨に濡れそうだから持ってきたものほとんど飾れない。目頭が熱くなるぜ。
念の為用意してきたセロファンを側面に貼りました。微力ながら持ってきて良かった。



出展慣れている方々は屋根にビニールシートを敷いて雨対策ばっちりでした。
見た目がすごい河川敷になっちゃいますけどね。
多分、透明なビニールシートを被せて側面に看板を付けるのが一番良いのかな。
お祭りの屋台みたいに。




雨なのでそんなに人は来ません。代わりにピエロのお客さんがたくさん来ました。
しばらくすると友人が遊びに来てくれました。
寒いし外に出られないのが目に見えてるので、温かい飲み物の差し入れなどくれました。ありがたい。


IMG_2386_convert_20171129025905.jpg



寒いしお腹すくのを覚悟してましたが、気がついたら誰か遊びに来て常に温かい差し入れが貰えたのでお腹いっぱいでした。
過酷な場所に居ることで気づく人々の温かさ。
ちなみにカイロはストフェス実行委員会からの差し入れです。寒くなってくると配られるストフェス名物だそうです。



で、雨問題と鳥問題はなんとかしないとなと思っていまして抗議文を書きました。






IMG_2354_convert_20171129030302.jpg





IMG_2355_convert_20171129030323.jpg




雨への抗議文と、鳥への抗議文。
どちらにもわかるよう雨語と鳥語の副音声でお送りしています。
こっちがここまで言ってるというのに全然言うこと聞いてくれませんでした。



IMG_2402_convert_20171129030941.jpg


夕方になるときっちりやってくるムクドリたち。
お前ら全員ピヨサブレ…!




IMG_2377_convert_20171129034049.jpg


夜です。雨は止んでも色々降ってきています。



IMG_2378_convert_20171129034130.jpg




IMG_2379_convert_20171129034200.jpg





IMG_2382_convert_20171129034831.jpg


夜は一層寒くなりますが電球は暖かいです。
できるだけ暖かくなろうと頭を近づけています。私の頭も燃えそうでした。



たまに近くのブースの方と「調子はどうですか?」って話をするのですが
屋内のイベントだとお客さんが来るかどうかの話になりますが屋外だと気温や体調の話になってきます。
フィールドの影響力ありすぎ。







IMG_2398_convert_20171129041158.jpg



二日目は晴れました。
やったーまっとうな生活ができる!!
と思いきや、えげつない強さの風が吹き荒れていました。
更にサブレ野郎のフンがブース周りを荒らしてたのでこの日も掃除から始まりました。

風で全部飛んじゃいそうだったので一日目より気が抜けなくて
ブースの側面には応急処置として100均のテーブルクロスを3枚ほど貼りました。
(最寄りの100均はオサレすぎてビニールシート売ってません)
密閉してると風でブース自体が動いちゃうみたいなのでやりすぎるとマズイらしいですが…。
何が得策がわからないですね。





IMG_2419_convert_20171129033724.jpg



憎むべき相手が変わったので急遽、風への抗議文も書きました。
風も言う事聞いてくれないよ~!




二日目は晴れてたので目に見えた辛さがなかったせいか誰も暖かい飲み物をくれませんでした!w
あんまり寒いので近くの屋台で自らホットワインを買って飲みながら他のブースを見にいきました。




そうしたら昨日たくさん来たピエロ(クラウン)のみなさんに会いました。





IMG_2400_convert_20171129043648.jpg



「クラウンファームwithゆみた」のみなさんです。
一緒に映ってるのがクラウンファームさんたち、withゆみたさんは撮影してくださいました。
このようにしてストフェスを盛り上げているようです。





IMG_2399_convert_20171129043612.jpg




クラウンさんたちがリーゼント燃えてるよポーズをしてくださってる中、普通のピースをする私。





IMG_2401_convert_20171129043706.jpg



この写真、どっかで見たことあるなーと思ったら





IMG_2414_convert_20171129044935.jpg



ジェームズ・アンソール作「仮面たちに囲まれた自画像」にちょっと似てませんか!?
アンソールの画集を読みまくる高校生時代を送った私としては嬉しいので似てるということにしますね。







2017112902.jpg


歩きついでに戦利品紹介です。
こちらは右隣ブースの晴三さんのポチ袋です。
お年玉の時期も近くてタイムリーです。身近なお子さんたちに「釣りはいらないよ」って言おうと思います。




2017112903.jpg


テクタク工房さんのところで引いたガチャガチャのおみくじです。パンダさんも入ってました。
キレイな星空は本当に見れたので当たりました。
このおみくじが入ってたガチャガチャのケースはヤフオクで手に入れた本物のケースに紙粘土などで装飾をしていて
画像がないのが惜しいですがとてもかわいかったです。




2017112901.jpg



こちらはライブペイントをしていた松永さんのポストカードです。精悍な顔つきだけれど鼻毛が出てます。
ストフェス終了後に雨と風への抗議文と物々交換しました。
ただの切実な訴えだったのでまさか需要あるとは思いませんでしたが
今回限りの抗議文なので貰って頂けて良かったです。

余談ですが、ライブペイントのブースは例年だと屋根がなく雨ざらしになってて見てる側としても気の毒でしたが
今回は大きなテントで快適なブースになっていたようなので見る側としても実行委員会ありがとうと思いました。






前回の記事でも言いましたが、ストフェスでは一円玉投票が毎回行われています。
気に入ったブースやアーティストに一円玉を投票して、重さを測って順位ごと表彰されるシステムです。
一人何票入れてもOKで、本部の所で両替もしてもらえます。
投票用の容器は各自用意することになってますが






IMG_2352_convert_20171129055014.jpg




私の所はにゃんかっぷの升酒にしました。
にゃんかっぷは志太泉酒造(藤枝)のカップ酒です。味もラベルも従来のワンカップに対抗しています。





IMG_2376_convert_20171129061523.jpg


一日目、色々あってこれだけ一円玉が集まりました。
茶柱みたいなやつは本部で両替すると手に入る50円分の一円玉です。
一人につき一円だけ入れると決めてる人もいれば勢いで束ごと入れる人もいて、そこは投票者の気分次第です。
なので、あながち知り合いが多ければ票が増えるとも限らないシステムです。





IMG_2393_convert_20171129061617.jpg



そんなこんなで一日目はアート部門3位になりました!ありがとうございますm(_ _)m
賞品は賞状と、第18回にちなんで屋台十八番のラーメンでした。

ちなみに、
1位は一斗缶の割れせんべい
2位は歌舞伎の柄のパズル
18位は人造人間18号のフィギュアでした。


大体、数字にちなんでるだけで順位が高いほど良い賞品かというと別にそんなこともない。
でも、そこが重要です!
多数決ほど無責任な決め方はないのだから!


一番票が入った人はギャラリー無料で使える権利が貰える
という賞品をかけたグループ展に以前はよく参加していましたが
このように参加する人がすごく欲しくなるものを投票システムで選ぶことになると
どうしても知名度の高い人には絶対敵わないです。呼べば来るから。
票を入れる為に展覧会に赴く場合、作品を見る前に誰に票を入れるかは決まっているでしょう。
そうしたらグループ展に作品を出す意味なんかなくなってしまいます。
票なんか気にしなくていいじゃないかと私も思ってはいましたが
投票をメインに掲げた展覧会でそのシステムを完全に無視し続けられるかというと違うんですよね。
渾身込めた作品を展示しても空回りしている気持ちになるし
それだったら投票システムのないグループ展に参加した方がいい。





ichien_18th_convert_20171129064103.png



こちらは公式での一円玉投票の説明文。
あくまでこの企画はコミュニケーションのきっかけとして利用されるべきものということです。
たくさん票が入ったとしても、イベント終了後にクッソ寒い中少人数で集まっての表彰式。
もらう賞状はコピー紙でケースにまだ入っていないし、副賞はダジャレ。
でも、このバランスが良いんです。
だから毎年欲張らずに参加者も来場者も楽しめる、そんなシステムなのだと思います。



ただ、来場者向けの説明文って上記の画像だけなのが惜しいです。
知ってたら投票したかったのに~って声も聞くのでもうちょっとわかりやすくイラスト入りにして
イベントの何日も前から複数回告知した方がいいと思います。
公式の説明が今のところこれだけなので、もし使いたい方が居たら下の画像も告知にご利用下さい。


IMG_2353-2_convert_20171129070804.jpg



18位の部分が来年19位だったら修正して下さい。





あとついでに言うとストリートフェスティバル・イン・シズオカというイベントそのものが
青葉シンボルロードという静岡市内で一番目立つ場所で18年もやっているにも関わらず
一般的にほとんど知られていないのが残念です。
参加者や常連の方々にとってはもう定着しすぎてマンネリ化してるとか言う人も居ますが
だったらなんで「これって何のイベントなんですか?」って聞く人が何人もブースにやってくるのかという話です。





IMG_2361_convert_20171129071109.jpg




例えばこの看板にストフェスが何なのか一言で表す文
「静岡を代表するアート&ミュージックイベント」って言葉などをもうちょっと大きめにどこかに記載した方が良いと思います。

それから、一般の市民に向けた事前の告知をもっとした方がいいです。
ギャラリーとかセレクトショップなどに絶対入らない人がこの場所に来て作品を見るまたとないチャンスです。
できれば新聞などに広告が載ったら良いですがお金の関係で無理そうなら
せめて不特定多数が来そうな場所(コンビニや百貨店など)にチラシを置いてもらえるようになると良いかなと思います。


色々文句行ってしまいましたが、このイベントがより知られるようになって欲しいと心から思いますし
それが静岡のアート界隈の越えられない壁を越えるきっかけに本当になりそうだと思っているからです。
最初は大変だったけど、ストフェス静岡に出展できて良かったです!
実行委員会の皆さん、これからも頑張ってください!


ストリートフェスティバル・イン・シズオカにお越しの皆さん、関わった方々、
一円玉投票してくださった方々、実行委員会の皆さん、ありがとうございました!

ガライベ 

予定が急に増えてしまったので何からやったらいいかわかんなくなってきてますが
一つ一つクリアすることで何とかなると信じつつ、とりあえず近々の予定を言いますね。



ストリートフェスティバル・イン・シズオカ

日時:2017年11月18日(土)〜19日(日)
   11:00~20:00
場所:静岡市葵区青葉シンボルロード
   ブースNo.7



DObXjLaVwAA2r2C_convert_20171115044220.jpg



静岡で活動していると「ストフェス出ないの?」とよく聞かれます。
ストフェスことストリートフェスティバル・イン・シズオカは
年に一度開かれる、静岡を代表するアート&ミュージックイベントです。
HPには「静岡を代表する」って書いてありますが、チラシには「静岡を代表したい」って書いてありました。
HPに書いた人とチラシに書いた人の性格が表れていますね。
とりあえず、静岡で作品を発表している人は大体行ったことがある人が多いイベントです。


最初は静岡版のデザフェス的なものかなと思って応募しましたが
応募要項が届いてからは他の地域にはない独特のイベントのような印象を受けました。


・決められた日に説明会&場所決めのくじ引きがある。

抽選で勝手に決まるものだと思ってましたが、まさかくじを引くとは。
私は個展の前日だったので時間が取れず行けませんでしたが、順番ずつ意気込みを言ったりするとか。
ちょっと大きめのグループ展くらいの人数なのでできることですね。


・あくまで「出展」

販売ではなく、作品を発表することを主目的としなければならないらしいです。
一応、販売はしてもいいけれどスッカラカンになってはいけないそうです。
街のメインストリートを使う条件としてなにか大人の事情的なものがありそうですね。
売る気満々だけど完売はしないので安心してください。


・一円玉投票

これなかなか面白いと思うんですよ。
最初は現金を投票に使うとか生々しい気がしてたのですが
冷静に考えると選挙で使われる投票用紙よりリーズナブルだし
ゴミも出ずそのままお金としても使えるので最強にエコロジーな投票方法だと思います。
ただ、これの告知がほとんど現地のチラシのみということと
この投票があること自体、出展する作家もそんなに言わないので
結局気づかずに終わることがあるのがちょっと勿体ないかなと思います。
「投票して」って言うのは多少気が引けるところなので
私も「気に入ったブースやアーティストがいたら投票しよう」と促す所存です。
↓概要はこんな感じです。当日18:00まで受け付けています。(受付のところで両替もできるよ)

DOKeotFUEAAEG8U_convert_20171115044234.jpg



・屋外

なんといってもこれが最大の特徴。
入場料ないので気軽に来れるし、全く知らない人が見るチャンスでもある反面、天候に左右されます。
雨は何としても降ってほしくないけれど、風にも気を付けなければならないそうです。
夜は場所によってはムクドリの被害に遭うのでそれだけは嫌なので鳥対策をしていきます。(鳥語での威嚇など)



そんなところかな。
アート部門やミュージック部門だけでなく、芝居やラジオなどもあり
なんと当日受付ブースもあるそうです。急に出展したくなった人も参加できる!
他にはない変わったイベントだと思うので興味がある方は一円を握りしめてお越しください。




*おまけ*

DObGk6kV4AEMiaL_convert_20171115044430.jpg
リーゼント燃えてるよレターセット~歯肉炎球場編~



個展の時に間に合わなかったグッズです。今回のストフェスに持っていきます。
絵本「リーゼント燃えてるよ~雨の歯肉炎球場編~」を読んでいるとより一層楽しめます。



DObGk6vUMAAasVH_convert_20171115044115.jpg



もう書いてある便箋付き。
スイマセーヌ茂藤のファンにオススメ!