FC2ブログ

10 | 2019/11 | 12

OIOI 

デザフェスが終了しましたが、次の予定がもう始まっているのでデザフェスについてはまた追々書きますね(オイオイ)。




EIwQqmUU4AIoMF8_convert_20191123152110.jpg



EIwQqmVVUAA_hQC_convert_20191123152158.jpg



つくる。アートフェス2019

日時:2019年11/19(火)~11/24(日)
   10:00~18:00 入場無料
場所:つくる。
   愛知県一宮市木曽川町黒田字宝光寺5-2

11/24(日)19:00〜クロージングパーティー
参加費:1000円(軽食付き)





ご覧の通り、大勢の作家さんが集まって古民家でグループ展をしたりパーティしたりなどのアートフェスです。
明日11/24はクロージングパーティがあり、そこで私は紙芝居をやる予定です。

風邪ひいてしまったり紙芝居の仕掛けが上手くいかなかったり紆余曲折してますががんばってきます!
演目はデザフェスで新しく出した「リーゼント燃えてるよ~だるま&ドラゴン編~」です。



前回の記事で印刷用紙がなくて困ってるという話をしましたが、
結局ふさわしい用紙が近くの文房具屋さんで見つからず新宿の世界堂まで入っちゃいました。
若干遠い。ディズニーランドと世界堂の位置を逆にしてほしい。

文房具不毛地帯より 

運命の悪戯で11月に予定が集結してしまい告知が遅くなりましたが
今週末デザフェスに出展します!
ブース番号はG-35です。西ホールの1階だから行きやすい場所かもしれません。



img20191108_16012121_convert_20191114212858.jpg






EIViuHhWoAALD9t_convert_20191114212718.jpg

色々作ったので持っていきます。
ちょっと大きめのハンカチタオルとか、






EJLAhBfU4AISsIO_convert_20191114212800.jpg




ちょっと小さめのメモ帳とか。
決してリーゼント燃えてる人が伸縮しているわけではありません。


あと絵本の新作も完成したのですが、販売できるかは明日の印刷用紙発見次第です。
何言ってるのかと思われるでしょうが、近くに品揃えのいい文房具屋さんがあんまりなくて
絵本にふさわしい紙が見つからず困っています。
発見出来たら増やします。



デザインフェスタvol.50

場所:東京ビックサイト 西ホール全館・南ホール1、2
ブース番号:G-35(西1階)
日時:2019年11/16(土)〜17(日) 11:00〜19:00
入場料: 一日券 ¥800(前売)/¥1,000(当日)
     両日券 ¥1,500(前売)/¥1,800(当日)

大銀河合体!コラボ展 

もうすぐデザフェスですがその前に、電撃合体!コラボ展が終了しました。
場所も内容も面白い展でした。



場所は教会の中にある幼稚園舎の中の古着屋さん兼ギャラリーでした。
道に迷うことはないとの話でしたが、実際行ってみた感じは静岡駅からはちょっと遠いけれど
静鉄の古庄駅を降りてすぐに十字架が見えるので確かにわかりやすかったです。


EH4lfUJU4AAXC9e_convert_20191106231258.jpg


教会にはなぜか公文もある。






IMG_1467_convert_20191106232102.jpg



本堂横の砂利道を辿ると、突然ほんわか空間が現れます。
外からは全く様子がわかりませんが、フリーマーケットも開催されていたし
人も多くて結構にぎやかでした。
ここの向かって左側にchoosyさんがあります。







EH4lfUMU0AATC70_convert_20191106231332.jpg


ものがたりを着るお店だ!よーし、ものがたりを着るぞ~!

ヴィンテージものの本格的な服やハンドメイドアクセサリーなどが取り揃えてあり、
純粋に服を吟味するお客様もいました。
服の歴史、まさにものがたりを着るお店ですね。







IMG_1438_convert_20191106232548.jpg


入口のところから既に電撃合体!コラボ展は始まっていました。
コラボの形式は主に3つのパターン

1.作家様に、線画を描いてもらい私がモノクロ、カラーと最低2枚ペアのコラボ作品を描く。
2.作家様の絵を私が用意する箱に閉じ込めて見られない状態にして、展示する。
3.ごく普通のコラボ作品。

*主催者メッセージより引用


で構成されています。





IMG_1439_convert_20191106232609.jpg




主催が松永さんのコラボ展なだけあって
彼の特徴とも言える細かい線画や激しいペインティングの作品が多いです。





IMG_1441_convert_20191106232710.jpg




しかしよく見てみるとコラボした作家さん達も全然負けてない強い作品ばかりでした。
他の人の描いた絵に描き加えていくのは失敗できないし
かと言って踏み込むことを恐れたらコラボ作品として成り立たないというプレッシャー、
お互い勇気と信頼を持って取り組む姿はまさに友情努力勝利です。





IMG_1440_convert_20191106232628.jpg




箱の中に作品があるというのもロマンがあります。
完全に封印されているものは中身が見えず、物によっては箱を壊さないと出てこない作品もあります。






IMG_1443_convert_20191106232829.jpg






こちらは私のコラボした作品のうちの1つで、封印されて見えないようになっています。
購入して封を解けば見れます。きっと損はありません。
封を解かずに楽しむというのもアリでしょう。それもまたロマン。
というか何よりこの箱かっこいいでしょう。
元々、内側のマーブル模様の箱しか知らなくて展示を見に来たら人形が乗っかっていてびっくりとともに嬉しかったです。
気が付いたらこうしてたらしいです。まるで教会の中にいる堕天使みたい。

これは現在まだ購入されていないかも?気になる方は松永さんにお問い合わせ下さい。





IMG_1442_convert_20191106232806.jpg





こちらはゆっくり蓋を開ければ中の絵が見れます。
なんでゆっくりかって?






IMG_1463_convert_20191106233030.jpg




寝てるリーゼント燃えてる人が起きちゃうからだよ!

こちらは既に購入された方がいらっしゃるみたいです。
ありがとうございます。
おうちでもぜひゆっくり開けて楽しんで下さい。





そんな感じの電撃合体!コラボ展でした。
お互いに作風が定まっていて、自分の作品が任せられる信頼がないとできない展だったと思います。
コラボの皆さんお疲れ様でした。お越しいただいた方、関わった方、そして主催の松永さんありがとうございました!
最後に主催メッセージ、コラボと電撃についてをご覧ください。


IMG_1437_convert_20191106232448.jpg
続きを読む