09 | 2017/10 | 11

旅行のお話その2 

旅行二日目は養老天命反転地に行ってきました。
養老天命反転地とは、岐阜県養老町にある心のテーマパークです。(看板に書いてあった)
そこは美術作家の荒川修作さんと詩人のマドリン・ギンスさんによるコラボ作品で
楕円形のフィールドに設けられた屋外作品であり、その地すべてがアートとなっています。
約2ヘクタールにもわたる非常に大きな作品ですね。
それくらい大きな作品作れるようになりたいです。

水平な場所なんて存在しないほど斜めってる場所なので、スニーカー必須です。
サンダルで行ったら怪我するでしょうし、行くなら若い内がいいと思えるほどハードな地帯です。
近くの養老の滝然り、もし行きたい方がいらっしゃったら、
そこら辺を覚悟して行くことをお勧めします。

天命を反転する地であるからして、「地面は水平」という常識は余裕で覆しています。
転がり落ちそうな恐怖を感じますが、そのスリルがむしろ楽しいです。
頂上なんてないのに頂上に来た感覚に陥る場所がいくつかあります。
坂を登り続けた先に見える壮大な景色が味わわせてくれる爽やかな達成感。
そのように、場所によって変わる心理の変化は作者の意図でしょうか?

長く続く細い道があります。
最初は細く逃げ場がない道に不安を感じますが、
道の壁がゆっくりと深くなるにつれ、包まれている安心感が出てきます。
暗くて低い天井に息の詰まる思いをし、
その先にある少し広くなった行き止まりでゴール。そこでまた達成感!
心理の変化が歩くだけでひしひしと味わえます。
ちなみに図で表すとこんな感じです。
289_convert_20080816022412.jpg

291_convert_20080816022644_convert_20080816022824_convert_20080816023122.jpg


また、その道は非常に狭く、通常なら一人しか通れない場所です。
それなのに道は途中で終わってしまうので、帰ってくる人と必ずぶつかってしまいます。
そんな時は双方が横向きになり
「すいませ~ん」と言ってゆっくりと通るんです。
だれが決めたでもなく、そうします。
そうすると、知らない人とでも連帯感が湧いてきます。
普通に暮らしていれば絶対に関わることのない他人同士ですが
狭い道をきっかけに同じ問題に困惑し、言葉を交わしながら解決します。
狭い道は不便ではありますが、心に温度を感じるふれあいができます。
日常生活では相当困ったことがなければ赤の他人と話をすることは滅多にないでしょう。
ですが、この地ではこんなにも簡単にそのような体験ができます。
これもまたこの地だからこそ生まれる力なのかもしれません。
再び、図で表すとこんな感じです。
290_convert_20080816022603_convert_20080816022913_convert_20080816024549.jpg


非日常にあふれるこの場所ですが、
ソファやキッチン、日本地図など普段慣れ親しんだものが所々にあります。
何もかもが知らないものばかりでなく、少しの日常が混ざることによって
その世界にとっつきやすくなり、より興味を持つことができます。
壁にめり込むベッド、天井に張り付く椅子。
とてもシンプルなことなのに、そういったものを見つけると面白くて仕方がないです。
これはイラストで表すとこんな感じでした。
DSCF3902_convert_20080816023913.jpg
紙、ペン、色鉛筆

ごっちゃりごっちゃり、ときどきクモの巣。
なんだかんだ言って、百聞は一見に如かずですw
アートを自分の体で感じることのできる貴重な場所でした。




まあしかし、不満を言ってしまえばボロかったですw
かなり寂れていて、クモの巣とかいっぱいだったので
もっと探索したい所でも行くに行けなかったり。
でも、この寂れ具合はこれで味のあるものだったので
廃墟とか好きな人にはお勧め…かなぁ?w
寂れ具合はこんな感じです。
209_convert_20080816025909.jpg

もしキレイなら、ここで寝っ転がれるのにぃ。

せっかくなので、養老の滝リフトの看板も載せておきます。
負けず劣らずの寂れ具合。だが、それがいい!!w
DSCF3726_convert_20080816030141.jpg

コメント

こんにちは!
廃墟ときいてやってきました(´・ω・)ノ

養老天命反転地・・・なんとも不思議なところですね。
気になってネットで探してみましたが、本当に水平な場所がないですねw
バランス感覚と足腰が鍛えられそうです^^;

看板の女の人・・・何か違和感が(;´Д`)?

養老天命反転地・・・・・、名前チョー好きですっwwカッコいい♪♪

それにしてもおもしろそうなとこですね↑↑不思議な感じのテーマパークで、行ってみたいです↑↑

きっと校長先生は、くもの巣にかかった吉野家先生を助けないでしょうねぇ~wwwあっでも、校長先生なんだかんだで吉野家先生大好きだから最終的には助けるんでしょうね(>▽<)/



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>ザンデさん

こんばんは!(´・ω・)ノ
廃墟と言ったものの、不思議な場所なので
廃墟に該当するかどうかという不安が湧きあがって参りましたw
でも、ただ歩くだけで鍛えられるし、面白いところではあります^^

この看板、滝のそばにありますから
神秘的かつ怪しい何かが宿っているかもしれませんね。
あと、この女性は10等身くらいありそうですw


>↑かの↑さん

養老天命反転地って言葉のリズムがいいですよねw

ちょっと行きづらい場所ですが、他に類を見ない面白さがある場所なので
もしよかったら行ってみてください♪

校長先生って実はツンデレ!?
クモの巣にかかった吉野屋先生を
いつものように引きずって持って帰るんでしょうねww

あと…私は割と「こっちより」ですwww
趣味は偏ってますがw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/101-06e26360