09 | 2017/10 | 11

そろそろ目標の途中経過でもお知らせしましょう 

「宝くじが外れた。あきらめてくれ」母は私に言いました。
何のことかと言うと、大学院のことです。

言ったんです、大学院に行きたいって。でも、賛成はしてもらえていません。
言う時期を誤ったというのもあります。
ちゃんと準備して納得のいく説明ができてからの方が良かったかもしれません。
そこは反省しています。

色々な事を言われましたが、一番の理由は、弟が今度大学に進学する歳だからです。
弟が進学するのにお金がかかり、私まで進学したら家計に余裕がなくなります。

父は、お姉さんが進学するために大学に行くのを諦めたそうです。
それを聞いたら申し訳なくなりました。

人の幸せは業の上にあると言いますが、私はありすぎるように思えました。
私の望んだ方向へ進みたいけれど、これ以上迷惑かけつづけていくのも辛い。
ここは諦めるべきなのか…

そう思いながら弟を見ると、スパロボしながらテレビ見て笑っていました。
受験生であるにもかかわらず、夏休み中は毎日そんな感じです。
聞けば、別に大学で勉強したいわけではなく、
就職に有利だと思うからとりあえず行っとこうという気持ちだそうです。
大学へ行くというのは、やりたいことがない場合の道標にはなるかもしれませんが、
あんなにやる気ない弟の為に自分の気持ちを犠牲にするのかと思うと、悔しくなってきました。
そもそも、大学行っときゃ安心なわけじゃないんだし。
団塊の世代の人たちが定年になり、新卒は売り手市場と言われている現在でも
なかなか就職口が決まらない大学生であふれています。

就職。やってみなければわからないこともあると思い、数か月前までは就活していました。
でも、私のやりたいこととはかけ離れているようにも感じましたし、
トロい私は仕事に追われて自分の気持ちも製作する時間も埋もれてしまうんじゃないかと
思えてならなかったんです。
だから、少なくとも今は就職するつもりはありません。

「就職はしたくない」と言ったら、決まって嫌な顔をされます。
怠けたいわけでも、悪いことをしようとしているわけでもない。
好きなことをしようとはしているけれど、それが誰かのためになる可能性だってあります。

直接的に生命と縁が遠い仕事は、無駄と思われがちですが
その無駄と思われていることがどんなに大事なことか。
例え大学院に行くことを反対されても、それだけは両親にわかってほしいです。

今のままじゃ、まだ私は諦めきれません。
まだ時間はあるので、もうちょっと頑張ろうと思います。
負けらんねぇ。
そうやって闘志を煮えたぎらせていたとき、弟が駆けつけてきて言いました。
「今、すっごくいやな予感がしたんだ!絶対何か起こる!!」
何か。それは私のことかもしれませんよ。

014_convert_20080902161738.jpg
25×20cm  紙、アクリル絵具、ジェッソ

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何回か覗いてましたが、はじめまして。私、大学院2年生です。
お金は幸い親が出してくれました。その分親孝行しなきゃと思っております。
自分の周りでは親に頼らず奨学金で生活している人が何人もいますよ。

自分はたいした目標もなく進学した感じになってしまいました。
好きなことをやりたい、その気持ちはすごく大事だと思いました。

お久しぶりです

どうも。いつかの通行人です。
また出しゃばって色々言ってみます。

ええと・・・、まずは大学院というものが、自分の中で有益なのかどうかを考えてみてください。
ただの「友達と一緒に居られる」というモラトリアムの延長に過ぎないのなら、やめといた方が良いと思います。

例えば、その大学院につぎ込もうとしている資金で海外に行くなり、アトリエを自分で借りるなりした方があなたにとっては有益かもしれません。
(もうすでにそれも考慮しているとは思いますが)


大学院と言うのは単なる場所です。
設備は整っていますが、ずっと大学に居る事でマンネリ化する可能性は高いし、もはや先生方のアドバイスを受ける段階や時期でもないと思います。
出来る人は一人でも出来ます。

むしろ思い切って、もう絵描きとしてイラストレーターとしてプロになるというのも手です。
絵をイラストレーションとして売り込む方法です。
(イラストは需要が高いですし、インターネットで検索すればオーディションはいくらでもあります)

まあ、そんな感じで大学院以外の方法もありますよ、
ということだけ言わせていただきます。
いつもながら長文で失礼致しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを下さった皆様へ

ひろきちさん、はじめまして。
通行人さん、お久しぶりです。
秘密のコメントの方、いつもお世話になります。

一人ひとりにお返事をしたら混乱しちゃいそうなので
いっぺんにします、すいません。


大学院に行こうと思った理由としては、
まだ成長したいという気持ちがあったからです。
プロになるための研究機関とも聞きましたし、
ただ部屋を借りるよりも結果的に得になるとも聞きました。

友人のほとんどは就職をしようとしていますし、
進路において友人を考慮に入れたことは今までないので
そこは理由のうちには入っていません。

もし進学することになれば、できるだけ両親に迷惑をかけぬよう
奨学金とバイトで何とかやっていこうかと思います。

でも、確かに進学する道が一番いいとも限らないんですよね。
色々なことに急かされて就職と進学の二択で悩んでいましたが、
今後生きる方法は他にもあります。

どちらかというと今は日本の社会に興味があるので
海外へ行くというのは今のところ考えていませんが^^;

私にとって一番いいのはどの方法か。
もうちょっと考えてみようと思います。


この記事への様々なご意見、どうもありがとうございました。
家では「就職しろ」と言われ続けている毎日なので
意見を下さる人たちがいなければ一人で悩んでいるところでした。
こういうとき、ブログやってて本当によかったと思います。

>「就職はしたくない」と言ったら、決まって嫌な顔をされます。
>怠けたいわけでも、悪いことをしようとしているわけでもない。
>好きなことをしようとはしているけれど、それが誰かのためになる可能性だってあります。
>直接的に生命と縁が遠い仕事は、無駄と思われがちですが
>その無駄と思われていることがどんなに大事なことか。

ものすごく同感です!
「芸術」の大切さを、もっとみんなに知ってほしいです。
あかねさんの考え方に感動しました。

あと一つ言うとしたら、
進学する・しないに関わらず、とにかく作品を表に出すという事です。

ブログとかのネット世界ではなくて、公募展なりギャラリーなりの、
実際の”生”の人の意見をもっと聞いた方が良いと思います。

案外良い結果なら説得の材料にもなりますし、
そうでなくても自分の器を知る良い機会になるでしょう。

>akinasanさん

ありがとうございます!
そうなんですよね、一番わかってほしいところは。
でも、一番わかって貰い辛かったりします。
私の作品じゃ、余計わかりづらいかな?w


>通行人さん

公募展には挑戦したことがありましたが、
結果は今のところあまりよろしくありません。

しかし、「個性的なのを探しているから」と
審査員の方からチラシを頂いた美術展があるので
今度それに応募してみようと思っています。

アドバイスしてくださって、ありがとうございました!

こんにちは。

とっても複雑な状況下で迷ってらっしゃるんですね。
心中お察しいたします。

だけど、最終的には自分の進みたい道、やりたい事を
やるべきだと思います。
月並みな意見ですが、人生は一度きりで不可逆的な
ものですから。 好きな事を好きなだけやる方がいいんじゃ
ないかと。 そんな風に思います!


 

喰川晃司さんへ

こんばんは。

今はとても迷っていますし、
今後どうなるかまだわかりませんが
結果的に自分にとってよかったと思える方法で
行きたいと思っています。

やはり、人生は一度ですからね。
コメントありがとうございました!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/106-ec02c2ca