07 | 2017/08 | 09

俺がケンカの仕方を教えてやるよ 

って言って殴りかかる不良中学生っているよねw

「卒展は個性同士のケンカだ」
というようなことを、去年の卒展と同時に行われたセミナーで真野響子さんが言っていました。

じゃあ、今横浜ではきっと3年に1度の大ゲンカが行われているんじゃないか!?
そう思い、卒展の参考を兼ねて横浜トリエンナーレに行ってきました。
就活以来の一人旅でした。
平日に旅しちゃってすいません!でも勉強兼ねてるから!兼ねてるどころかメインだし!

作品がいっぱいあったので思うことも言いたいことも沢山ありますが
今日は特に心に残った作品を一つ紹介します。

ミランダ・ジュライさんの『廊下』
細長い廊下に、文字が書かれたパネルが沢山あります。
進むごとにそのパネルは壁として立ちはだかり、書かれた言葉が問いかけます。
内容は、人生について。
この廊下を歩き続ける人生。そして、その先のこと。
一人で狭い廊下を歩き続ける孤独と安心感。
純粋にそれを味わいたかったのですが…

すぐ後ろにおばさん2人がいて、ゆっくり見れませんでした!!!!
スタッフが間隔を空けてくれるはずなのに、
個人のタイミングを尊重しすぎて、すぐ背後に2人来てしまいました。
うぜぇから先行けやコラァ!良かったらお先にどうぞ」
と言ったのですが、「まだ読んでるから」と言って先に行きません。
結局、背後の2人の気配を感じながら廊下人生を歩き続けました。
ああ、人に追われて先を急ぐ人生。
できることなら、もっと自由に楽しみたかった。

そうだ!閉館直前にもう一度行って、もう一人生楽しもうじゃないか。
そう思っていたのですが、予想以上にボリュームの多いトリエンナーレだったので
気が付けば五時を過ぎていました。
人生は一度でした。


2008_10090075_convert_20081010010159.jpg
夕飯は中華街で。
普段、何も欲しくならない私ですが、ここへ来ると色んなものが欲しくなります。
かと言って何でも買えるわけじゃありませんがw
中国四千年の不思議。



予算の関係と、自分は一人でも生き延びられるという自信が欲しかったこともあり
その晩は安いホステルに泊まることにしました。
3千円もかからない、格安の宿。
200円のシャワールームや、トイレが男女共用であることもありますが
何より周りの地域が安さのポイントじゃないかなと思いました。
夜は人通りが少なく薄暗い通り。
中華街に近いこともあり、すれ違う人は私の知らない言葉を喋っていました。

道を進むにつれて不安になる私。
もうすぐ宿に着く時、自転車で通りかかったおじさんが
「捕まっちゃうよ」とだけ行って通り過ぎました。
多分、良かれと思って言ってくれたのでしょう。
でもその一言でその場にいるのが物凄く怖くなり、慌てて自分の部屋へと行きました。

自分の決めた服装で、自分の決めた宿へ、自分の決めた時間に行く。
性別までは選べなかったけれど、それだけの自由には危険が伴いました。

お父さん、お母さん、危なっかしい娘で本当にごめんなさい。
だけど…孤独は一番落ち着くけれど、その反面一番怖い。
そのことを今回、身をもって知ることができました。

2008_10090078_convert_20081010010734.jpg

なかなか寝付けなかった夜ですが、いつの間にか眠れて朝が来ました。
夜はあんなに怖く見えたのに、朝はとても味わい深い素敵な町に見えました。
何事もなくやってきた朝に心から感謝。
次泊まるのはもうちょっと安全そうな場所にしようかな。


長々とすいませんでした^^;
一泊二日なので、もう一箇所見てきた所があるので明日あたりに記事にします。

コメント

僕も平日1人ドライブ←

ふえぇ(゜Д゜;)
その宿泊はなんか危ないですよー(´・ω・`)次はちゃんとしたとこ泊まってくださいね←

その廊下いいですね。おばさん事件もそうですが、そこで体験できることは全部人生の縮図の様に感じられますからねヾ(〇´ー`)落とし穴作ったり突然照明落ちたりとかしたら面白そう(´ω`)←

もう一箇所の記事も期待します(*^u^*)……てか自分が割りと横浜近いのにぜんぜん行かないのが勿体無いなぁと思いましたw

ドライブながたにさんへ

はい、次はちゃんとしたとこに泊まります;;
安全ってお金で買うものなんですね(´・ω・`)

純粋には味わえなかったかもしれませんが、
それも人生の縮図と考えればなかなか面白かったかも?
落とし穴作ったら、何人か埋まっていそうですねw
あの場所で照明落ちたら怖いなぁ(゜Д゜;)

もう一箇所は実は東京なので、ながたにさんは行きやすい場所かもしれません。
もうすぐ期間が終わっちゃいますがw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/123-d5bb55ce