07 | 2017/08 | 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕方の犯行 

2008_12080013_convert_20081209180608.jpg
アクリル絵具、木工用ボンド、モール

フヒヒ、サンタクロースが尻尾巻いて逃げるのが目に浮かぶぜ…!


大学付属の幼稚園の子達がやっていた『なんちゃってステンドグラス』を作りました。
対クリスマス戦に向けて窓ガラスに貼り付けっ!

いえね、本当はみんなを驚かせたくて早朝にこっそり貼ろうと思ってたんです。
だからブログも数日放置しぃの早寝しぃので早起きしようと思っていたんですが…
どうしても起きれない!朝苦手!!このお寝坊さんがっ!!!

仕方ないので夕方、人が居ないのを見計らってこっそり貼りました。
さっき隣の子が「ナイスな何かを窓に貼り付けたのは*あかね*君かい?」
と聞いてくれました。
「ヘンなものつけるなYO!!」とか言われなくてよかった~w



2008_12080001_convert_20081209182055.jpg
一応、朝の様子もw私の部屋の窓から。


 これでサンタもイチコロ☆
*なんちゃってステンドグラスの作り方*

<用意するもの>
・木工用ボンド(大量に)
・モール
・食紅(私はアクリル絵具で応用しました)
・クリアファイル


<作り方>
1.クリアファイルを土台にし、作りたい形にモールを組み合わせます
 (適当にモール置いとけばOK)

2.木工用ボンドを食紅で色付けします
 (アクリル絵具で代用したら透明感なかったので、ここはお好みで。
  少なめにすればマーブル調になります)

3.モールを置いたところに2で色付けしたボンドを流し込みます
 (クリアファイルが足りなかったので、光沢のある紙で土台を代用しましたが
  紙とボンドがくっついちゃったので、クリアファイルをお勧めします)

4.ボンドが乾いたら完成☆
 (量にもよりますが2~3日で乾きます。乾くまでは赤子泣いても取るべからずw)



以上が『なんちゃってステンドグラス』の作り方です。簡単でしょう?w
どこがステンドグラスかって感じですが、そこは幼稚園側に突っ込んでください。

コメント

おじゃまします。

大門先生の弟子です。  (笑)
楽しむところから、芸術が生まれる。
これ、先生に教わりました。
では、また・・・

リーゼントさん怖い((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

朝、張り付いているものがみんな怖いです。

そういうことは兎も角、
早起きすると、一日が長くていいですよ。
習慣化すると多分、人生を15%得したような錯覚におちいります(当社比)。

そんな私はほぼ毎日朝4時過ぎに起きてます。

おじゃましま~す

あかねさん、来ちゃった。
今日は、大門先生のトコのコメントありがとうございました。
先生のとこ、とても居心地いいです。
みんな暖かい。冬にはもってこいです。
これからも、どうぞよろしくどーぞv-219

っていうか、何だか面白そうな事やってますね~!
こういうの大好きです。また来ますね。

>ロンゲのオヤジさんへ

お弟子さんいらっしゃいませ☆
楽しむことと芸術が繋がっているというのは素敵なことですね。
喜びも苦しみも全て楽しみたいです!


>ひろきちさんへ

幼稚園の子達に負けぬよう自由奔放に色を使っていたら
怖いことになっちゃいました(´∇`)


>典太郎さんへ

幼稚園の子達が作ったのは日の光を浴びてキラキラしていたのに
なんで私のはこんなに怖いんでしょうww

できれば早起きしたいんですよね~。
朝の5分は夜の1時間に匹敵する長さですし。
でも、早くに朝ごはん食べに行くと
「今日は早いね!!どうしたの!?」と訊かれるのがなぜか悔しいですw


>れんげさんへ

おいでませ!どういたしまして♪
先生のところは独特な場所ですよね。
私まで嬉しい気持ちになりました。
これからもよろしくおねがいします☆

面白いこと、大好きですw
よかったらまたいらしてください♪

ありがとう

絶対、来ます!じ・・・次回、ゆ・・・ゆっくりと!
スイマセン!おじゃましましたぁ!

れんげさんへ

どうも!
このブログは割とのんびり更新なので
気長に見てくださいな♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/147-ba2ccf47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。