09 | 2017/10 | 11

この冬は割と暖かい気がするけど 

寒い日は湯たんぽよね!

2008_12040021_convert_20090207230342.jpg
25×20cm  湯たんぽ、アクリル絵具


2008_12040022_convert_20090207230518.jpg


とか言って、お湯入れるのめんどいんだな~これがww


2008_12170009_convert_20090207232047.jpg


口に出して言葉にすると、とってもかわいいゆたぽん。
登録商標になってるのはなんとなく悔しいですw

コメント

ゆたぽん♪ぽんたゆ♪♪

わたしめ生まれてこの方”湯たんぽ”なるモノを使ったことがないのです。それどころか実物を触ったこともありません。
本当にあったかいんですかね(´∀`*)

同じく・・・使ったこと無い。

湯たんぽのたんぽはなぜたんぽなの?たんぽって何?

>ながたにさんへ

ね、かわいい響きでしょう?w

私も、氷嚢や水枕みたいなのは使ったことはありましたが
湯たんぽは今回の冬がデビューです。
あったかくてごつごつしてますw
これだけだと硬いから、湯たんぽカバーが流行ってるのかもしれませんね(´∀`*)


>ニヒルユウさんへ

湯たんぽはエコブームによりつい最近復興したばかりだから
使ったことない人多いのかしら?

湯たんぽ…。
お湯を入れると暖かくて、春のたんぽぽ畑を思い出すからとか。
ちょっとメルヘンに考えてみましたw

おもろい!

マジで、面白すぎる。
負けそうだ。(笑)

あなたには負けますよ・・・(あかね代理)

たんぽ・・・調べました。妻の意味らしい。
妻の代わりに抱くと暖かい。う~ん意味深ですなぁ~メルヘン?

ユウ

「めっ!」

あかねちゃん、厳しく叱っておいたよ。(笑)

かわいいっ!

湯たんぽ・・・。
そうだったのか。単身赴任のお父さんが・・・さみし。(笑)

>ニヒルユウさんへ

代理ありがとうございます。
でも私、負けず嫌いだから簡単に負けますとは言わないんだな~w

たんぽの意味、妻だったんですね!
調べてくださってありがとうございます☆
もし、祖母の代わりだったら「湯ばぁば」になってたかもしれませんねw


>華やぎさんへ

どうもですw
私は簡単に負けますとは言えない子どもですが
華やぎさんの作品も面白いと思いますよ☆


>れんげさんへ

自分専用にかわいいの作りました♪

「湯たんぽタンさえいれば彼女なんてイラネ('A`)」
っていう独身男性の可能性もありますw

そうですねぇ、ボク自身は湯湯婆(ゆたんぽ)を使った事は残念ながらないです。理由は温度調節が出来ない為に、下手をすると火傷をする恐れがあるからですかねぇ。そのかわり、電熱式の行火(あんか)は使った事があります。行火はかつて木炭等を用いて暖をとっていたそうですが、現在は電気式の行火が主流となっております。えっと、湯たんぽと比べたメリットは、朝方になっても冷める事がないという事と、つまみで温度調節ができることです。逆にデメリットはコンセントから電源をとるため、コードが足にからみつきやすい所です。それから、この行火を更に小型化したものがデパートなどでも販売している携帯用の懐炉(かいろ)で、家具として発達したものが炬燵(こたつ)になります。また、犬公房で有名な徳川綱吉は寝る時に犬型の湯湯婆を愛用してしたという説もあるそうです。

運散夢消さんへ

湯湯婆って書くんですか!
火傷しないように、ぬるめのお湯を入れるとすぐに冷めてしまうので
それもまた不便だったりします。
だからこそ電気式の防寒具が発達したわけですが、
電気を使わないということで最近エコブームにより湯たんぽが出回っていますね。
でも不便だから続かないかな~w
実際、湯たんぽだけじゃ寒いのでカーペットで暖をとっていますし。

犬型の湯たんぽってかわいいですね。
かわいいデザインを作りやすいところも湯たんぽのメリットかもしれません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/168-ea07bfe2