07 | 2017/08 | 09

OSAKANAさん 

この前、デジタルハイビジョンで大自然を堪能するような番組で見たこと。


ジャングルっぽいところの大きな水たまりで生まれたお魚達は
いつしか水が干上がって、住みづらくなってしまう。
そこでお魚達は生き延びるために
近くの湖に移動しようとするのだ。

手足もなければ羽もないお魚達はどうやって移動するのか。
方法はいたってシンプル。
なんと、ピチピチと跳ねて移動したのだ。
住んでいた水たまりから大地へと上がり
跳ねる。跳ねてちょっとずつ進むだけ。

砂利まみれになって地面に体を打ち付ける姿は
傍から見れば滑稽だ。
自ら苦しんで死のうとしているようにしか見えないから。
だがお魚達は、生きようとしているのだ。
干上がっていく水たまりで細々と暮らす運命に逆らい
広い湖へと進む。戻る。進む。

途中で死ぬお魚もいた。
皆生きられるわけじゃない。
だって、そもそも無理なのだから。
それでもお魚は跳ねるのだ。
生きるために。
私はテレビの前で応援した。
がんばれお魚!おさかな!OSAKANA!

力尽きたお魚で、道ができていた。
でも、何匹かは湖にたどり着けた。
勇気をくれたお魚達は、魚類ではない。OSAKANAさんだ。


2008_12060026_convert_20090502104806.jpg
29×21.5cm  まな板、アクリル絵具

コメント

OSAKANAさん(;´Д`)!
勇気と根性があるOSAKANAさんですね・・・。
自分も見習わなければいけませんね。

おさかなさんが刺さっt
・・・おか・・・なさ・・・だと!?←

さかなクンが全裸で砂まみれになりながら「ひゃあああっ!!」「ギョギョギョギョギョッ!」「苦しいですううっ!!」って言って跳ねてる姿が目に浮かびました。なぜか涙が頬をつたいました。

Re: OSAKANAさん

おはよ~~~!
元気?

Re: OSAKANAさん

生きるって大変だけど、
それだけの事をしても価値があるんだと、
OSAKANAさんが身をもって教えてくれたのか;;
ありがとうOSAKANA;;

Re: OKASANAさん

すべての野生は、競争を勝ち残って生きていくんですよね。
がんばれ! おかさな!!

Re: OSA-KANAさん

>ザンデさんへ

私も見習いたいと思いました。
そうなんですよ、おかなさですってw
まったくOKANASAさんってば~って感じですよね☆


>↑野さんへ

さかなクンが…!?
大変だ、容易に想像できてしまう!
でも…ちょっと見てみたくなりましたw


>松井 大門さんへ

こんばんは!
今は陸に上がったばかりでちょっと息苦しいです。
でも、慣れればちゃんと呼吸できそうです。


>トビキチさんへ

OSAKANAさんは、こんなに生きようとしているのだ
私も生きなければ!って気持ちになりました。
OSAKANAさんは強い!


>たろすけ(すけピン)さんへ

野生も人間社会もみんな競争ですね。
OKANASAさんにもONAKASAさんにも、
更にはNAOSAKAさんにも負けずに生きようと思います!

Oh!SAKANA!!!(T▲T)

…いいね、この表札。(笑)

れんげさんへ

玄関に掛けちゃいますかw

海の世界の壮絶な戦い

そうですねぇ・・・大陸だなを含む海に住んでいるおさかなさんは毎日が生き残るための戦いですね。サメやシャチなどの巨大生物、あるいは空から襲ってくる鳥から逃げるための泳法訓練、赤潮・黒潮・青潮などのプランクトンの被害から自分達が餓死しないようにするための餌探し、釣り人が垂らす釣竿の餌の針にまんまとひっかからないようにするための知覚バトルなど、おさかなさんの世界の周りは常に危険が潜んでおります。魚生をまっとうできずに力尽きて漁場からスーパーの魚売り場に並べられてしまった魚も多い事でしょう。ですが彼らはどんな困難にも負けじと立ち向かえる心強い生物です。きっとサメや人間の犠牲となった仲間達の無念の思いを受け継いで、彼らは最後の最後までえら呼吸の続く限り泳ぎ続けることでしょう

運散夢消さんへ

おさかなさんは敵が多いですね。
安全な場所に住んでいる人には想像もつかないほど緊張の毎日なのでしょうね。
泳法訓練や知覚バトルをおさかなさん達がしているのか…
水中をスムーズに移動する姿からはイメージできませんが、努力しているんですね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/188-6a5f863b