06 | 2017/07 | 08

昭和生まれの少年達が 

静岡市クリエーター支援センター(CCC)にて現在開催中の
『漫画少年ドヴァイ』を見てきました。

しりあがり寿さん、タナカカツキさん、天久聖一さん、河井克夫さん、長尾謙一郎さんの
五名の漫画家が集まってできた展覧会です。

ゲストキュレーターとして呼ばれたしりあがり寿さんは静岡出身。
私の住んでいる区のキャラクターをデザインしています。

そのキャラクターはあおいくん
リンク先見ていただくとわかりますが、せんとくんってレベルじゃありません。

数年前、あおいくんの発表をニュースで見ました。
街中の公園で未確認生命(緑のタイツ)が市民に触れ合っています。
その時感想を聞かれた市民たちは言いました。

「目がくりくりしていて可愛い!」
「嬉しいです!」

そんなばかな。

そんなばかなっ!

あなたたち、奈良県民くらい正直になっていいのよ!
それとも静岡市民特有のおっとりなの!?五分後行動なの!?
私が言うのもアレだけど、このキャラ…なんかヤバイわよ!


…とかなんとかで、しりあがり寿さんを知りました。


そんな謎の第一印象から彼を知ったわけですが、
この展覧会…すごく私好みでした♪

旧小学校のギャラリーを活かして、漫画家を目指す架空の主人公、土場井少年の
日常や内面をインスタレーションなどで表現しています。

夢の中の光景には衝撃を受けました。
ホントに夢の中でした。
暗い竹やぶの中をフラッシュを頼りに歩いていく不安。
懐かしい曲や目まぐるしく変わる映像が、なぜか心地よくなってきて
恐かったフラッシュも暖かくなってくる。
不思議だけど合点がいく場所でした。
夜が明ける川沿いを焦りながら走る夢をよく見ていた時期がありましたが
それに似た気持ちになりました。

あと、すっごい面白かったのが教室ですね。
入った瞬間から笑わせられます。いきなり「気をたしかに」ってwww
教室だけれど、土場井少年の頭の中そのもの。
常に漫画のことを考えているようで、どこを見渡してもネタ満載です。
これだけ面白いと土場井少年が段々かっこよく見えてきます。
でも、私がやろうとしていたことを先回りされてしかも上回っている部分も
あったから、悔しくもありました。

土場井少年のモデルの子、誰なんだろう。
そして彼のランドセルは私の働いてる店のランドセルでした。運命。
イニシャルが「J.D.」(土場井 純)じゃなかったから少年の実用品かしら。

とっても少年で、それでいて子どもらしくない部分が余計に子どもらしい。
土場井少年は、今を全力で正直に生きているようでした。
そして昭和生まれのようでした。

ギャラリーは基本無料で観れますが、無料じゃないことがほとんど。
なぜなら交通費がかかるから。
でも、ここなら自転車で行けるので、ホントに私は無料で観れます。やったーw
というわけで、期間終わるまで何回か観ようと思いました。


2009_10020092_convert_20091002230329.jpg

コメント

すごく面白そう!! あおいくん!も最高だね!
昨今のゆるキャラブームに喝を入れてくれておりますな!

しりあがり寿先生には大学受験時に古文の単語帳でお世話になりました。


絵にインパクトがあって覚えやすいんですよ。おじいちゃんが心臓発作を起こした絵を書かせたら一番上手いと思います。

しりあがり寿先生は西原理恵子先生と並ぶ、画力底辺漫画家(と西原先生が言っている)で昔から大好きです。
しかしこのセンス凄すぎる…。

しりあがり先生が気になったら
"さるやまハゲの助アワー 暴虐大帝えのしま"
で検索して下さい。

セミダブルが一瞬ヤミダブルに見えて、この店長、魔王なの?と思ってしまった。

>むらたじんさんへ

あおいくん、面白いし他のゆるキャラにはない魅力がありますが
身内として受け入れるのには時間がかかります!
あの怪しげな緑タイツでいかにも葵区民っぽい自己紹介されると
素直に「かわいい」なんて言えません><
もしやあの感想は別の区民…!?


>心温さんへ

しりあがり寿さん、古文の単語帳にも描いているんですね~。
おじいちゃんの心臓発作、確かに得意そうww


>ビビンバ吉田さんへ

暴虐大帝えのしま見てみました!
歌がほとんどなので、「えのしまー!」がこびりつきましたw
逆輸入えのしまの中国版EDがお気に入りです。

最近も映像作品作っていらっしゃるようですね。
映像技術の進化とともに幅が広がってる感じでした。
ならべうたの踊りがやたら滑らかで真似できそうだけど真似したくありませんでしたw

ヤミダブルもいいですねぇ♪
しかし、彼はまだ新人なので魔王にはまだ遠いかもしれませんw

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/222-16a3b201