09 | 2017/10 | 11

市内の賑わってる一ヶ所を「まち」と呼ぶ 

街中で時々行われる小規模の祭り。
それぞれの店の前に屋台を出すことになったのだが
私の働いていた店は鞄屋さんだから

ボストンバッグ 2000円

通常7300円のところ、これだけの大幅値下げをしたのに
歩く人々はみんな素通りしていった。
でも、当然か。
屋台でボストンバッグを売っていて
たこ焼きみたいにじゃんじゃん売れていたら笑っちゃうもの。

2000円と言えば、町内会での報酬と一緒だ。
店の外で売れずに立ち尽くす私とボストンバッグ。

フフッ、私たち似たもの同士ね。
なんて思っていたところ

「…先輩ですか?」

声をかけてきたのは、高校の時の部活の後輩だった。
(ほら、街でじっとしてたら会ったでしょ~w)

「ここで働いているんですか?」

「そう、ここで働いてます」

丁度お客さんが来たので、それしか話せなかった。
もうちょっと話したかったな。

今も絵描いてるよ。
それと、もうすぐこの仕事終わりなんだ。





というわけで、鞄屋さんを卒業してきました。
約半年だからか、とてもあっさりしていました。
別れ際の店員さんたちもあっさり。
でも、接客の卓越した店員さんは別れ際の挨拶の仕方も素晴らしかったです。

たった半年だけれど、すごくお世話になりました。
貴重な体験もできたし、勉強にもなりました。
なので感謝の気持ちと、未来の小学生の為も兼ねて
ランドセルの豆知識をちょっとだけ教えます。

具体的なところは店員さんに頑張ってもらうとして
どのランドセルにも共通するところで知ってると得する部分を
追記より紹介します。

ランドセルが必要になるご家族の方は是非ご覧ください。
その他の人は、明日使えるトリビアの為にご覧ください。









img059_convert_20100330010156.jpg

ランドセルのベルト部分裏側で
途中から色の違う生地を使っています。
何故かわかりますか?

ベルトの穴部分が傷みやすいから、補強するためにもう一枚の生地を被せているんです。
おしゃれとかじゃないんです。…本当ならね。




img055_convert_20100330010039.jpg

でも最近は機械がランドセルを大量生産をするようになって
作業工程やコストを削減するため
補強しているように見せかける形のものばかりになりました。
この図は、色の違う生地をベリーッって取った図。
機械が大量生産したランドセルは、左のようになっています。


これだと、生地をつぎはぎにしちゃった分、ベルトが切れやすくなってしまいます。
使い方によってはこうなっちゃうことも。




img056_convert_20100330010101.jpg


いいえ、礼恩君。
これは低コストで大量生産する現代が生み出した、いわゆる社会現象よ。


これはベリーッてしないと見た目にはわからないけれど、
触ってみて段差があったりでわかります。





それからもう一つ。
最近よくある部品のことです。


img057_convert_20100330010118.jpg

ベルトの表部分に金具があります。
これは防犯ブザーをかけるための金具です。

Dカンや、ナスカンなどが固定されているものがよくあります。
胸の位置に固定されているので、いざと言うとき使いやすいように見えるでしょ?
ただ、それは低学年までのことです。

高学年になると背も高くなり、ベルトの長さを調節すると金具の位置も変わります。
金具は肩の方にいっちゃいます。
そうなったらどう困るのかというと…




img058_convert_20100330010134.jpg


このように、防犯ブザーが顔にぶつかってしまいます。
本来ならヒロインとぶつかるはずなのに、出会えるものも出会えなくなっちゃいますね。

というわけなので、ブザーをかける部分は
取り外しができるものや、位置の変えられるものを選んだ方がいいです。
最初から無いものでも、あとからどっかにつける場所作ればいいし。
それにブザーも使い方次第だし。




他にも色々ありますが、あとは店員さんに聞きましょう。
最近は、見渡すとものすごい種類のランドセルがあります。
どれを買えばいいか迷っちゃうでしょう。
適当に買ってしまって、後悔しないように
せめて安全なものを選んでほしいのでこの二項目を紹介しました。

おしゃれなものから、とにかく安いものまで出回っていますが
お子さんにとって本当に良い物を買ってあげてくださいね。




忘れかけていたけれど、今度の新一年生にはシルバーを背負ってる子が居るんだ!
どんな登下校になるのか気になるわw

コメント

ピンからキリまであるけどこんな所が違うんだ!
孫でも出来たら参考にするね!

坂やんさんへ

未来のお孫さんへの参考にどうぞ!
見えないところに秘密があるんです。

昔のランドセル、かばん屋さんのだから、もつと裏縫いしてあったよ。
金具、ご時世だね。
卒業して何処か宛でもあるの?

絵、うまくなったね。

何処にいても、先の見えにくい世の中だ。

接客は、「商いのイロハ」だから、また活かせるよ。

次は、絵本作家目指すか。

ちょっぴり、笑い系の~

明日使えるトリビアの為に熟読したよ
将来の孫のために覚えておこう
礼恩君、ちょっと怖いよ(笑)
でもミッキーの焦げ目ついたトースト食べるんだから
可愛い小学生だと信じよう

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

トリビア以上に顔がとても印象に残りますね。そしてなんか某ネズミに似てる食パン食べたひ・・・

ランドセルも進化し続けているんですねー

こんにちはです。こちらではお久しぶりですかね(^^;)
ランドセルにはそのような秘密があったということを初めて知りました。ありがとうございます。
例えの絵が分かりやすく、ちょっとした小ネタもあって読んでいて楽しかったですw当分忘れそうにないですwではでは。

新しい・・・

道に進むのですね。
頑張って!!

>気まぐれ童人さんへ

安く簡単に作れる時代になったものの、
かばん屋さんでちゃんと作っているランドセルは今もしっかりしてますね。
宛のようなものはありませんがやろうと思ってることはあります。


>華やぎさんへ

え、そうですか?よかった。
接客はやってみないとわからないことがありますからね。
そこで学んだことはどこでも役に立つと思います。

絵本は猫展あたりからやろうかなと企んでましたw


>Lily姫さんへ

明日でも数年後でもつかえる豆知識です。
でも数年後のランドセル事情は違っていたりして^^;

礼恩君はこう見えて若いのですw


>秘密コメントさんへ

私の知らない間に色々あったようですが
それに気づけたのは教えてくれた人のおかげです。
無理をしない形で続けてくださいね。
これからもよろしくお願いします!


>心温さんへ

普段の顔も顔芸の礼恩くんw
某ネズミトーストは、専用のトースターか
アルミホイルで型をつけるとできるっぽいです。お試しあれ!

ランドセルも進化していて、毎年新しい何かが生まれます。
そのぶん何年か毎に値段が(ry


>綿色さんへ

お久しぶりです!
仕事中も小ネタばかり考えてしまうダメ店員なのでしたw
でもこれで覚えていつか役に立ててもらえたら幸いです。ではでは♪


>ロンゲのオヤジさんへ

ありがとうございます、がんばりまーす♪

Re: 市内の賑わってる一ヶ所を「まち」と呼ぶ

ほぉ~・・・卒業か(笑)
ますますオモシロくなりそうだねぇ(笑)

ユウさんへ

自分で言うのもアレだけど、面白くなりそうよ!

Re: 市内の賑わってる一ヶ所を「まち」と呼ぶ

はじめまして。

思わず記事タイトルに食い付きました。
人の滅法多いところに移り住んだ時、
この「まち」の概念が抜けずに口にしてしまい、
何度も何度も「はぁ?」と言われたものです。
それにしてもこのタイトルの、当を得た定義に脱帽です。

接客は、難しいよね

でも、おいら
あかねさんが描くデザインが好きです

ランドセルも同じだよね
使う人の気持ちを考えて作るのが1番ですもんね。

>Donさんへ

はじめまして!
「今度の日曜は、まちに行って来る」
「…まち?」
は、必ずやりますよねw

逆に地元では
「東京じゃエレベータの右側開けるのに」
とか言ってる人に
「ここじゃ通用しねぇんだよ…この都会かぶれが!」
って言うのもやりますよね。(言うのは心の中で)
というか今日やりました。「まち」でw


>じゅんさんへ

接客は難しくて、人によって合うやり方も違うけれど
ちょっとしたニュアンスの差でいいのだと学びました。
そうは思うものの難しいのだけれどw

使う人の為にあるものが一番いいですね!

お疲れ様でした。
あかねちゃんの営業スマイル
素敵だったよー

お店に戻ってあかねちゃんがいないのは
淋しいなー
  • [2010/04/06 11:47]
  • URL |
  • 池○屋の元バイトさん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

Re: 市内の賑わってる一ヶ所を「まち」と呼ぶ

只今
広島県呉市音戸大浦崎公園駐車場にて

風が強いけどここからの眺め最高

海が光ってるぅうううううううう。

>○○ちゃんらんどせる

ありがとー、次回もがんばってね!
今度は先輩じゃん☆


>松井大門さんへ

おお、いつの間にか本州!
車運転できるようになったら私もそんな旅しようかな♪

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/251-cafab52c