08 | 2017/09 | 10

昔、ヤングランドという遊園地があった場所の近所にて 

今まで静岡には「これだ!」ってギャラリーが見当たらなかった。
というか、静岡全体の雰囲気がどこか冷めているから展覧会をしても人が来るイメージが無かった。
だけど人間が住んでいる場所ならどこでもやりたいし故郷なら尚更避けたくはない。

昔からあるものか、外から持ってくるだけが多い静岡のアート事情。
そんな地域だけれどアートについて熱い想いを抱いている人達は確かに居た。
それが清水現代アート研究会である。


清水現代アート研究会(通称SGAK)は、オルタナティブスペース・スノドカフェにて
月に一度、現代アートについて語り合う会です。
私は色々あってカフェのオーナーと知り合い、この会を紹介していただき第二回に参加することとなりました。


語っていた内容としては、最近見てきた展覧会の話やNPO法人の活動、
展覧会ボランティアスタッフをした話など色々、今の静岡のことも考えながら討論がなされていました。

私がその中で驚いたのは、明らかに作る側より見る側の方が多いということ。
驚くことじゃあないのかもしれないけれど、興味があるのに作るつもりが全くないってことが不思議で。
「アーティストに敬意を払っているから作らない」ということも聞いたけれど
私としては作品を見せてくれた方が喋るよりも人となりがわかるから安心するし
顔とセットでその人のことを覚えやすくなるし、何より作りたいと思うのは自然の形だと思ってしまう。

でも考えてみれば料理する人よりも食べる人の方が多いし
見る側が多い方があるべき姿かもしれないですね。


メンバーがプレゼンをした後、私はポートフォリオで自分の作品を紹介しました。


2010_08300050_convert_20120617223657.jpg



例えばこんな風にセロファンにサインペンで描いた絵を油絵にして一緒に展示します。

透明な方が自由に描き出せるからセロファンに描いた。
その世界をもっと深めたいと思ったから油絵で描いた。

自由を求めて軽いところへ
だけどそこはそこで制限があって元のところへ戻る、そのサイクル。



2010_08300003_convert_20120617232332.jpg



こうなった作品は絵画なのかインスタレーションなのか。
そしてこれは現代アートなのか。



2010_08300004_convert_20120617232357.jpg



という議論が繰り広げられました。

私が喋らずとも私の作品についての討論が進むのは凄い。
色んな展覧会や交流会に参加したけれど、
私の作品を主題に置いて、こんなに熱く語る人達初めて見ました。

初めて会った私の作品でこんなに一生懸命語り合うなんてみんな優しい。
作品は人目に触れた瞬間から自分だけのものじゃなくなると私は信じていますが
その時正に私だけのものじゃなくなっていたと感じました。
私一人じゃ気づかなかったことも気づかせてくれる。見る側の人って、すごく大切。


で、私としてはこれは絵画かインスタレーションかというと、その時は答えられなかった。
頭で考えて説明がつくものを作るのに限界を感じてから
できるだけ考えずに進めていった結果生まれた物。
しかも日々思いつくままに変化したり元に戻ったりしていて自分でもわからないところが多い。
今強いて言うなら、その時によって絵画にもインスタレーションにもなる。かな。
わからないまま言い切るのは良くないから断定はまだできない。

迷わず一つのことに集中できればどんなに楽だろう。
赴くままに動くほど何かを始めてしまうから部屋は散らかっていくのに。
でも移り気な性格は直したふりじゃ直らないから進めるしかないと思う。
行き着く先に答えがありますように。




次回の清水現代アート研究会(通称SGAK)は7月13日に開催されるそうです。
スノドカフェHPに予定がいずれ載ると思いますが、予定の時刻よりも大幅に延長されることと思います。
今回は15分遅れて始まって5時間延長って感じでした。きっとこれは静岡クオリティなのでしょう。
次に参加するときはコンディションを整えて参加した方がいいですね。
見る側も見られる側も得るものは沢山あるので
興味ある人と夜更かしに自信のある人にオススメの会です。

コメント

ヤング・ランド

若いってすばらしい!

デンシレンジ?

チャレンジ!!

アレンジ!!!

そして、作品が生まれる。

華やぎさんへ

私がもっとヤングだった頃にあったのがヤング・ランドだよ!
今はイオンになっちゃったけれどボウリング場はまだ残っているみたいで
あの頃からずっとある看板が懐かしかったよ。

もちろん今もヤングだけどね~♪
ジュマンジ!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/374-a7897e4c