02 | 2017/03 | 03

絵描きと座布団の二足のわらじ 

個展の途中ですが別の話を。
最近、私は猫充です。
猫が充実してるのです。





彼女の名前はミーコ。
母方の祖父母が飼ってる猫です。
ここの家で飼われる猫はもれなく
メスはミーコ、オスはボクと呼ばれることになります。


今、祖父母は二人とも体の具合が良くないので
近くの施設に入居中です。
その間、ミーコに餌をあげる係を任されています。



施設は綺麗だし職員の人達も優しいから
住み良さそうな感じはしていますが
家は今後どうなってしまうのか心配です。
もうかなり古い家だし段差も多いから再び住むのもなかなか大変です。
このまま施設にずっと住む場合は、あの家を手放さなければなりません。


両親とも働いているので小さい頃はこの家で過ごすことが多く
私にとってもふるさとのような場所がなくなってしまうのは寂しいです。


住宅街にあるはずなのに家の中に入ると
田舎に来たような気分になるほど庭が農作物だらけ。
夏はゴーヤやきゅうりが大量にできます。
小さい頃は朝顔の種をたくさん集めたりもしていました。
あと祖父が釣ってきた鮎をビニールプールに放流して遊んだりそのあと食べたり。


冬は祖母の実家から貰った里芋を石油ストーブの上で温めて食べたり
クリスマスに親戚も集まってパーティしていたのも楽しかったです。
世間がどうだろうとクリスマスの正しい過ごし方ってあれだよなと感じているので
もっと子どもでいる時間が長ければ良かったのになと思います。



DSCF8288_convert_20161120085918.jpg



大工の祖父が自分で作った家なので家の中でもちょっと作りが変わっている部分があり
なかでも階段の上の三角形の床とか面白いです。
油断すると落ちちゃいそうで。



これからどうなるかわかりませんが、いずれにせよ今より介護しやすい環境にする為に
今度の日曜日、ピアノや食器棚等が処分されるそうです。
私は丁度個展に居るので立ち会えません。
昔よくピアノの練習をしていたあのピアノ、それなら最後に一度くらい弾いときたかったですね。
調律していないから音が変でペダルも壊れているけど。



話をミーコに戻しますが、もし家で介護という形になる場合は家に居られますが
祖父母が施設にずっと住むということになるとこれからどこで生活するのかわかりません。

餌をあげに行く時しか見ていないので一日の様子はよく知りませんが
普段は庭で過ごしていて、軒下の寝床で寝ているみたいです。

屋外で自由に遊び回るのが習慣づいているから室内だけで飼うのはストレスになりそうですし
家に閉じ込めるわけにもいかないのですが
時折、家に入りたそうにしている時もあってそれがたまらなくて
せめて雨が止むまで一緒にいようと思い、ある日玄関の前で座っていたら
私の膝の上に乗ってきました。

それからというもの、餌をあげにいく度に膝の上に乗るようになりました。
今では私はミーコの座布団です。
膝の上に乗る時、絶対ふみふみしてくるのですが
あれって母猫に甘える時の習性とか言うけれど、どう考えても寝心地を確かめているとしか思えないです。
人目につく場所で続けているといつかナニコレ珍百景に投稿されそうですが
これからの寒い季節に私が考え得る唯一温めてあげられる方法だし
状況が安定するまではやってあげたいです。
本当は私の家で飼ってあげたいけれど
猫は場所に居着くというので家に来た途端迷子になったら心配だから難しいところです。








こちらはgallery SUNオーナーの飼っている猫さんです。
普段はギャラリーの中まで来ませんが特別に来た時に撮りました。
今日と明日も個展を開催しています。

コメント

私も猫は好きです。

猫を見ながら温かいうどんを食べたい季節です。

イタルさんへ

寒い季節と言ったら猫ですね。
寒くなると、お正月に酔って猫に軽く噛み付いたことを思い出します。
猫に顔を埋めて噛み付くと次の日に鼻が痒くなるのでやらない方が良いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/534-aab5983d