FC2ブログ

10 | 2019/11 | 12

2019年5月 浜松 

ゴールデンウィークの最初らへん行った中田島砂丘での写真です。
次の週が浜松まつりだからそっちに人が集中するのかこの日はそんなに人がいませんでした。





IMG_6967_convert_20190625112400.jpg





人が少なかったのは他にも理由があったかな?
写真を見るとわかるかも。







IMGP8334_convert_20190625110630.jpg





カメラマンはすどうとよあきさんです。
パソコンから見ている人は「続きを読む」をクリック、スマホや携帯から見てる人はそのままスクロールしてね。









IMGP8127_convert_20190625110302.jpg








IMGP8349_convert_20190625110818.jpg








IMGP8264_convert_20190625110555.jpg








IMGP8544_convert_20190625110838.jpg







IMGP9024_convert_20190625111405.jpg








風が尋常じゃなく強かったです。
砂がビシビシ当たって痛いし強風でじっとしていられないし
思うようにいかないことがこの日は多かったです。
砂嵐が痛すぎるから砂漠の民はターバンをぐるぐる巻きにしているのね。

ただ、風のおかげで面白い動きもあったし
砂丘に合うかもと思って持って行ったストールも活かされたと思います。







IMGP8923_convert_20190625111156.jpg







IMGP8761_convert_20190625111121.jpg








IMGP8738_convert_20190625111102.jpg








IMGP8656_convert_20190625110852.jpg








すどうさんは廃墟のような風景を撮るのが上手いだけあって流木の表現が面白いです。
写真だけ見るととても浜松には見えないし、木が人と一体化して新しい生き物になっているみたい。
人だけを撮ろうとしても風景だけ撮ろうとしても、きっとこうはならなかったでしょう。
思うように撮れないことが多かった日だけれどこの流木周辺の写真は私は結構好きです。






IMGP9079_convert_20190625111421.jpg






他にも浜松周辺で撮影しにいったけれど撮影禁止だった場所とか
あんまり映えなかったところとかもあって結構苦労しました。
ここの神社は鳥居がいっぱいあったけれど伏見稲荷ほどの規模ではないことや鳥居自体の質感もあるけど
被写体になる人の技術によってはいい感じにできたと思う気もするからもっと上手くなりたいな。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/589-e6aa11b1