09 | 2017/10 | 11

GYALLERY M に行ってきました 

img008_convert_20080430200457.jpg

MAYA MAXX,KAZU MAXX,矢野きよ実 展-これが愛だ-を見てきました。
星が丘駅で降りて岩根まで…今日も初めて行った場所です。
このあたりは坂の多い住宅街ですね。とてもかわいい家が沢山並んでいました。
静かですし、ガーデニング好きの方が多いのかきれいなお花が沢山咲いていて
生活するのにとてもいい環境だろうなと思いました。
お洒落な建物があったので、あれがギャラリーかな?と近づいたら
男の子が窓を指差して「ここが風呂だよ」とその子の友達に言っていました。
ここいらの子はこんなお洒落な家に住んでるのか!!カルチャーショックを受けました。

MAYA MAXXさんのことはしゃべり場などで絵を見かけて知っていましたが、
このそっくりな名前のKAZU MAXXとは誰のことだろうと疑問に思っていました。
どうやらMAYAさんの弟子の男の子のようです。12歳で作家だなんでびっくりです。
彼の作品は主にダンボールで作られた虫や恐竜などでした。男の子らしいですね。
細かいところもよく観察しているようで、牙のつくりに妥協がないと見えました。
特に私が気に入ったのは、桜の花びらが貼られた恐竜です。
花びらはもう茶色くなっていますが、それでいいんです。
ピンク色のきれいな桜を見て楽しそうに恐竜を作っているKAZUさんの姿が目に浮かぶ。
生きているものはいずれ衰えてしまいますが、きれいだった時の姿が想像できる
それだけで充分素敵なものなんだと思いました。

帰りのバスを待っている間、散策をしていると
玄関で日傘をさしてうずくまっている女の子を見かけました。
鍵を忘れて入れないのだったら大変だと思い、声をかけました。
私もそういうことがあったので。この暑い日に待っているのは辛いでしょう。
でも、彼女は別にそういうわけではないと言っていました。
あんまり話していると怪しい人だと思われるかも知れないのですぐに去りましたが、
結局彼女は何をしていたんでしょうか。気になります。
彼女もまたKAZUさんのように何かに夢中になっていたのでしょうか。
どんなものであれ、実りあるものになるといいな。

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://dameno1135.blog50.fc2.com/tb.php/6-72c991e4