03 | 2017/04 | 05

雨の匂いが春みたい 

最近寒くてブログ更新しようにも全然動けなかったです。
今日は大雨のおかげか空気が温いです。書くなら今のうちです。

随分日にちがあいてしまいましたが、個展「ポンカンのひんぴょう会」の様子動画をアップしたので御覧ください。














このギャラリーのオーナーは音楽に拘る方で、個展をする時に音楽をかける方針をとっています。
最初は「オリーブの首飾り」を延々かけ続けて会期中ずっと手品をするフリをしていようかなと思っていましたが
とても立派な音響を見たら本当に好きな曲をかけなきゃなと思い、本当に好きな曲をかけさせて頂きました。






IMG_9165_convert_20161222235230.jpg







動画内で流れている曲は、田島ハルコさんのアルバム『暴力』より
「血だらけになって…アロハ」と「食事のブーム」です。
BGMが思いっきり入っちゃいましたがご本人に許可を頂けたのでYouTubeにアップしました。
まあ、私が許可を頂いた所で実質10人くらいしか個展動画見る人いないだろうけどね!
関連動画に彼女の曲が出て来るようになっただけでも私はかなりウハウハな感じです。




個展会期中にかけたCDはご覧の通りです。







IMG_9238_convert_20161222235317.jpg

シャンプーハッツさん
「プシャン湖」
「シャンプーハッツの世界旅行」

田島ハルコさん
「新卒の復讐」
「もちもちマウンテン」
「暴力」

にゃにゃんがプーさん
「ニュー餅太郎」






前にもブログで語った気がするのでざっくばらんに説明すると
シャンプーハッツさんは大学時代に結成された田島ハルコさん、たじまよしみさん、ポシさんの3人グループで、
その中の田島ハルコさんが現在よくソロで活動しています。
にゃにゃんがプーさんは田島ハルコさんと読者MODELというバンドもされるそうで
全員がそれぞれに繋がっているけれどそれぞれに良さを持った曲を作られています。

それぞれの曲を大量の水で例えるなら
シャンプーハッツさんは流れるプール、
田島ハルコさんは川、
にゃにゃんがプーさんは温泉
みたいな感じだと思います。

例えがわかりづらいだろうし、それぞれをお聞き下さい。



















話を個展に戻しますが、まさか静岡の秘境でこれらの曲を知ってる方に会うはずないだろうと思っていましたが
そのまさかでにゃにゃんがプーさんと共演経験のある方がお客様にいらっしゃいました。
たしかに彼女は静岡県出身だし、遠からず繋がりがあるものですね。
で、その共演経験のある方が私の絵を買ってくださいました。
ここで曲を流していなかったら話題に花が咲くことなく絵を買わぬルート、そんな未来があったかもしれないですし
何よりこれらの曲が作品と合わさって、より不思議な空間が作られたので
曲を流していて良かったなと思っています。


読者MODELのお二人は明日24日に渋谷のLOFT9で読者MODELの山ちゃんというイベントをやるそうです。
生で聴きたい方は是非。













これまた別の話ですが、
高円寺Creamさんに久々に作品を納品してきました。





IMG_9408_convert_20161223013809.jpg






今回はボックスアートにも挑戦しました。作った時に派手になりすぎないか心配でしたが
実際置いてみると全然シンプルでした。
今度はもっと目立つ感じの装飾もしてみたいですね。
新しい作品についてはまた今度アップしましょう。

Creamさんでは25日までクリスマス展を開催中です。
クリスマスのプレゼントにまだ間に合います。

純情な感情かい? 

岩間茜個展「ポンカンのひんぴょう会」が無事終了しました。

入り組んだ道や悪天候など、難易度の高い所へ来てくださった方々はすごいです。
お越し頂いた方々、ありがとうございました。
来れなかったけれど色々な場所で協力してくれた方々もありがとうございます。
1ヶ月間展示をさせて頂き、たまにおやつとかもくださったりして
ギャラリーオーナー夫妻と可愛い猫さん達もありがとうございました!







DSCF8437_convert_20161201011653.jpg




あまりにも場所がわかりづらい為、個展に来てくれた友達の旦那さんが看板を作ってくださいました!ありがとうございます。
台所用品のおたまの網部分を取り外し、取っ手の部分にボードを付けて、
A4クリアファイルにカラーコピーしたDMを入れて貼り付けてありました。
すべて100円ショップで揃うので全国の看板に悩むギャラリースタッフの方はお試しあれ。
ちなみにファイルは雨に濡れたので次の日にビニール袋に変えて新しい紙を入れました。
この看板は展覧会終了後、ギャラリーに寄贈したので次回以降別の方が使っていくかもしれません。






DSCF8440_convert_20161201011738.jpg




こちらは展覧会開始からずっとある前衛的な看板です。
これ、実は湿気で形が変わる不思議看板なんですって。
どのくらい変化したかは前にアップした時の記事と比べるとわかるかも!?






では中の様子です。








DSCF8358_convert_20161201011813.jpg








DSCF8359_convert_20161201012312.jpg








DSCF8360_convert_20161201012332.jpg








DSCF8374_convert_20161201012728.jpg








DSCF8361_convert_20161201012529.jpg








DSCF8356_convert_20161201012831.jpg






全体的に真っ白な壁で、とても広いです。
こんなに大きな場所で大丈夫かなとずっと心配でしたがわりと丁度良く飾れました。
場所が綺麗な分いつも以上に絵をよく見てもらえて、このうちいくつかの作品は買っていただけました。
大変だったこともありましたが、ここで展示できてより自信が持てました。

あと、運転も慣れてきました。
このギャラリーに行くまで公共機関を使うと相当な時間がかかりますが、車だと20分位で着いちゃいます。
最初はバイパスが怖かったけれど何度も乗ってると全然怖くなくなるし地上より空が広くて楽しかったです。
ほとんど乗らずにゴールド免許になってから運転が楽しくなるなんてねぇ。



次回は絵を載せようかな絵本を載せようかな。
出した作品が多いのでまだまだお楽しみに!

絵描きと座布団の二足のわらじ 

個展の途中ですが別の話を。
最近、私は猫充です。
猫が充実してるのです。





彼女の名前はミーコ。
母方の祖父母が飼ってる猫です。
ここの家で飼われる猫はもれなく
メスはミーコ、オスはボクと呼ばれることになります。


今、祖父母は二人とも体の具合が良くないので
近くの施設に入居中です。
その間、ミーコに餌をあげる係を任されています。



施設は綺麗だし職員の人達も優しいから
住み良さそうな感じはしていますが
家は今後どうなってしまうのか心配です。
もうかなり古い家だし段差も多いから再び住むのもなかなか大変です。
このまま施設にずっと住む場合は、あの家を手放さなければなりません。


両親とも働いているので小さい頃はこの家で過ごすことが多く
私にとってもふるさとのような場所がなくなってしまうのは寂しいです。


住宅街にあるはずなのに家の中に入ると
田舎に来たような気分になるほど庭が農作物だらけ。
夏はゴーヤやきゅうりが大量にできます。
小さい頃は朝顔の種をたくさん集めたりもしていました。
あと祖父が釣ってきた鮎をビニールプールに放流して遊んだりそのあと食べたり。


冬は祖母の実家から貰った里芋を石油ストーブの上で温めて食べたり
クリスマスに親戚も集まってパーティしていたのも楽しかったです。
世間がどうだろうとクリスマスの正しい過ごし方ってあれだよなと感じているので
もっと子どもでいる時間が長ければ良かったのになと思います。



DSCF8288_convert_20161120085918.jpg



大工の祖父が自分で作った家なので家の中でもちょっと作りが変わっている部分があり
なかでも階段の上の三角形の床とか面白いです。
油断すると落ちちゃいそうで。



これからどうなるかわかりませんが、いずれにせよ今より介護しやすい環境にする為に
今度の日曜日、ピアノや食器棚等が処分されるそうです。
私は丁度個展に居るので立ち会えません。
昔よくピアノの練習をしていたあのピアノ、それなら最後に一度くらい弾いときたかったですね。
調律していないから音が変でペダルも壊れているけど。



話をミーコに戻しますが、もし家で介護という形になる場合は家に居られますが
祖父母が施設にずっと住むということになるとこれからどこで生活するのかわかりません。

餌をあげに行く時しか見ていないので一日の様子はよく知りませんが
普段は庭で過ごしていて、軒下の寝床で寝ているみたいです。

屋外で自由に遊び回るのが習慣づいているから室内だけで飼うのはストレスになりそうですし
家に閉じ込めるわけにもいかないのですが
時折、家に入りたそうにしている時もあってそれがたまらなくて
せめて雨が止むまで一緒にいようと思い、ある日玄関の前で座っていたら
私の膝の上に乗ってきました。

それからというもの、餌をあげにいく度に膝の上に乗るようになりました。
今では私はミーコの座布団です。
膝の上に乗る時、絶対ふみふみしてくるのですが
あれって母猫に甘える時の習性とか言うけれど、どう考えても寝心地を確かめているとしか思えないです。
人目につく場所で続けているといつかナニコレ珍百景に投稿されそうですが
これからの寒い季節に私が考え得る唯一温めてあげられる方法だし
状況が安定するまではやってあげたいです。
本当は私の家で飼ってあげたいけれど
猫は場所に居着くというので家に来た途端迷子になったら心配だから難しいところです。








こちらはgallery SUNオーナーの飼っている猫さんです。
普段はギャラリーの中まで来ませんが特別に来た時に撮りました。
今日と明日も個展を開催しています。

ピータンと空心菜 

ポンカンのひんぴょう会が始まりました。







この看板が外にあるんですけど前衛的すぎてびっくりしました。









ギャラリー内は真っ白で広々しています。
絵が見やすいし高級感が出る、と文章で説明するよりも
実際に見た方がその良さがわかるので実際に見て下さい。









絵画がほとんどですが、雑貨コーナーはこのように新作も揃えてあります。

今週の土日も開催しております。
あまりにも人が来ないと早じまいしちゃうから気をつけてくださいね!




今回もDMをたくさんの施設に置かせていただきました。


吉野純粋はちみつ店様
Cream様
choosy様
Tenyneo様
四葉文具様
CCC様
フランドル様
小林文房具店様
ノアギャラリー様
静岡市美術館様
静岡県立美術館様(郵送のみ未確認)


DM設置のご協力誠にありがとうございました。
今も残っているか確認はしていませんが、DMが欲しい方はこちらで貰うことができます。
もし隠れていたら見やすい場所に出してあげてください。





また、知人の紹介により清水区で配布されるフリーペーパー「ベイプレス」10/22号に掲載して頂きました。
紹介して頂き、掲載して頂きありがとうございます。













私の住んでいる地域では配布されないので友人に写真を撮って送って貰いました。

取材の際、展覧会趣旨や意気込み、活動歴などの質問があった為
物凄い張り切ってお答えしたら
読んだ人が混乱するとのことで大幅カットになりました。
このスペースだと最初から載せられない運命のようにも感じますけど
地域の情報誌はわかりやすくないといけないのですね。

載せられなかった文章は今回の新作絵本
「リーゼント燃えてるよ ~ポンカンのひんぴょう会編~」の中に隠されています。



ポンカンのひんぴょう会編の紙芝居を読みながら
確かに初見の人が混乱しそうな内容だなと思いつつ、
これを気に入ってもらえる世界になって欲しいと思うのでした。




また、静岡のイベント情報が載ってるサイト「アットエス(@S)」や、
全国の展覧会が載ってるサイト「個展なび」などにも
展覧会の情報を載せていただきました。


アットエス
http://www.at-s.com/event/article/art/288151.html

個展なび
http://koten-navi.com/node/70736


まだまだほかにも色々な場所で宣伝して貰ったりしてますが、皆様ありがとうございました。
見て興味を持った方は是非お越しください。



めざましテレビの占いで、今週末の牡羊座は展覧会に行くといいそうです。
しかもラッキーパーソンは幼く見える人です。
あとの星座は知りませんが、どう考えてもポンカンのひんぴょう会に来た方が幸せでしょうから是非お越しください。

案内竜 ナビゲーションドラゴン 

もうすぐ個展です。
会場へのルートが難易度高すぎるので、いつものわかりやすい地図とあわせてわかりやすい写真も載せますね。





ただでさえ地図がわかりやすいというのに写真まで載せるなんて親切ですね。
知名度のある人なら告知しなくても人が来そうだけど私は告知しないと気づかれないからね。
自力で探せよって私も言えるようになりたい。


では、最もスタンダードなルート
静岡駅から電車、バス等の公共機関を使う場合。



img181-1_convert_20161104061953.jpg




まず静岡駅からJR清水駅に行きます。
静岡駅の新幹線じゃない方から乗りましょう。
静岡に馴染みのない人が混乱する新静岡や新清水駅のことは今回は無視しましょう。




img182_convert_20161104062106.jpg





清水駅に着いたら、西口から降りてバス乗り場へ行きます。







バスロータリーの中央あたりにある5番乗り場から、山原梅蔭寺線(山原方面)に乗ります。





時刻表はこんな感じです。
変更されてたらごめんね!









バスに乗ったら知らない住宅地に進んで不安になりながら「山原下」で降りましょう。
天龍家具が見えたらもうすぐです。
大体15分くらいで着きます。




img181-2_convert_20161104062027.jpg









さあ、ここからあと少しだけど迷いそうな道です。
コンビニを居抜きした接骨院の前で降車します。





標識のある道をまっすぐ進みます。





分かれ道があるので、山方面より手前の右側の道を進みます。




自動販売機がいっぱいある工場の辺りまで行くと、









公文式の看板がある小道があります。







その小道に入ると左側3軒目がギャラリーです!
お疲れ様でした。







思いっきり住宅です。
ガラス張りの大きい窓が入口に見えちゃいますが、
普通に右側のドアからピンポンして入ってください。




ギャラリーの部屋に入るとそこはもう別世界です。
家と思って舐めてると腰を抜かしますよ。







帰りは接骨院と反対側の歩道にあるこちらのバス停をご利用下さい。






車で来る場合は、バイパスを降りてすぐなので割とシンプルな道のりで行けます。

しかし、このギャラリーは一応駐車場3台分ありということにはなっていますが、
なかなか入れづらそうな感じだしすぐ埋まりそうなので公共の交通機関を使った方が良さげではあります。





会場内の写真撮影は可、
web上に載せる場合は展覧会名(ポンカンのひんぴょう会)か作者名(岩間茜)を添えてください。


さて、道案内したところで難易度は高いままですが
頑張って辿り着いてください。
作品と私がお待ちしてます!